ここから本文です

劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士ケルディオ (2012)

監督
湯山邦彦
  • みたいムービー 30
  • みたログ 301

2.75 / 評価:185件

薄っぺらい、何の味付けも無い映画

  • yuzupin_sabosabo さん
  • 2012年7月14日 23時06分
  • 閲覧数 669
  • 役立ち度 25
    • 総合評価
    • ★★★★★

ただ一言、薄っぺらい。ひたすら薄っぺらい。

まるで何の味付けも無い料理を食べさせられた気分です。

ポケモン映画は毎年見ていますが、最近年々内容が「なんだかな~・・・」と感じていましたが、今回の映画は過去最低の出来だと思います。

大体、何故「聖剣士」になるためにキュレムと戦わなければならないのでしょうか?
最強のドラゴンポケモンだから?見た目が「怖そう」だから?(←笑)

そんなので勝手に戦いを挑まれるキュレムだっていい「迷惑」でしょうが。

そのキュレムだって「ブラックキュレム」「ホワイトキュレム」になる意味など全く無いですし、いつもは映画となると超人的な活躍をするサトシも、今回はサッパリ目立ちません。

正直「メロエッタ」の短編の方が、まだ楽しめました。

配布ポケモンに「胡坐」をかいて、「黙っててもお客は来るだろう」という製作陣の傲慢さがもう見え見え。映画界の「AKB商法」と言いたい。

同じ長期アニメ映画シリーズでも、プレゼントはせいぜいクリアファイルやキーホルダー。中身で勝負の「ドラえもん」や「しんちゃん」「コナン」の方が、よほど「良い物を作ろう」とするスタッフの意気込みを感じます。

プレゼントではなく「映画の内容」で勝負しなよ!所詮子供向け映画だからと、観客をバカにしないで!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 絶望的
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ