ここから本文です

愛と誠 (2012)

監督
三池崇史
  • みたいムービー 163
  • みたログ 906

3.24 / 評価:675件

スイングし切れなかったミュージカル愛と誠

  • oir***** さん
  • 2020年7月21日 16時57分
  • 閲覧数 304
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

何の事前情報も知らず視聴開始。程なくコメディと理解。
さらに1970年代のジャパンポップを用いたミュージカル仕立てで攻めてきたので、これは面白くなりそうと予想外にワクワクしてしまった。

ところがところが全篇ミュージカルコメディで通すわけでもなく、今一つスイングしきれずもどかしさが募る。

男子同士のケンカシーンはまだいいとして、スケバンとはいえ女子を殴ってぼこぼこにする場面は全くシャレにならないし、人質の愛に硫酸をかけようとしたスケバンが逆に自らかぶることになるシーンもよくないっつーの。せめて即水を被せるとかフォロー場面があれば救われたがそれもなし。

ラストで誠があの男に刺されたとあっては単なるバイオレンス映画。それも実に中途半端な。

1.5倍速で見たからまだ良かったようなものの、普通速で見ていたら怒りに打ち震えていたかもしれない。

妻夫木君はそれでも悪くはなかった印象。武井咲は普通のロングでよかったのにね。

1.5倍速で二つ星、普通速なら一つ星。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ