ここから本文です

愛と誠 (2012)

監督
三池崇史
  • みたいムービー 163
  • みたログ 906

3.24 / 評価:675件

解説

梶原一騎が原作を、ながやす巧が作画を手掛けた1970年代の漫画「愛と誠」を、『一命』などのヒットメーカー、三池崇史が映画化した純愛物語。良家の子女の愛と不良青年の誠との運命の恋を熱く描いた原作を、音楽に小林武史、振付にパパイヤ鈴木を迎え、三池監督ならではの一筋縄ではいかない演出で見せる。主演は、『悪人』などの妻夫木聡とテレビドラマやCMで活躍する武井咲。さらには、斎藤工や加藤清史郎、余貴美子、市村正親などが共演。ハードな劇画をハイテンションに描いた、いまだかつて見たことのない世界観に注目だ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

過去への復讐(ふくしゅう)を誓い、東京へやってきた不良の誠(妻夫木聡)。一方、東京で指折りの名家の一人娘である愛(武井咲)。出会うはずのない、生まれも育ちも違う2人が出会い、運命の恋がスタートする。しかし、彼女に好意を寄せる岩清水(斎藤工)、誠を付け狙う番長やスケバンが、混沌とした状況を作り出し……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2012「愛と誠」製作委員会
(C)2012「愛と誠」製作委員会

「愛と誠」猥雑でアモラルな雰囲気とオフビートな笑いに彩られた青春メロドラマ

 高度経済成長期の只中で連載された梶原一騎の「愛と誠」は、ツルゲーネフの「初恋」、伊藤左千夫の「野菊の墓」、石原慎太郎の「青年の樹」などを本歌取りした、当時ですらかなりアナクロニズム臭が濃厚な純愛漫画だった。これを現代によみがえらせるにあたって、三池崇史はプロローグと終わりにアニメを使った<入れ子>風な語り口、昭和歌謡のつるべ打ちによるミュージカル仕立てというクセ球を次々に繰り出してくる。

 だが、一見、原典を茶化すかのようなこの趣向はさほど奏功していない。すでに「カタクリ家の幸福」で露呈してしまったように、三池には画面に躍動感をもたらすミュージカル・センスが欠けているからだ。

 ただし、不良の巣窟・花園実業高校に舞台が移ると、一気にボルテージが高まる。往年の東映の「恐怖女子高校」シリーズが純情可憐に思えるほど殺伐とした、異様にざらついた荒廃感が漂ってくるのだ。中でも、ガムコこと安藤サクラが好演で、いきなり誠(妻夫木聡)にキャンパスから下着むきだしのままに逆さまに吊るされ、以後、あられもなく誠にカミングアウトしてしまうのがおかしい。

 一方、誠が並み居る大勢のスケ番たちを殴打しまくる場面などは、かつての「DEAD OR ALIVE 犯罪者」を思わせる、猥雑で、危ういアモラルな感覚で迫ってくる。さらに、オフビートな笑いと悲壮感たっぷりな母物メロドラマが微妙な均衡を保ちながら、着地点は、原作通り、究極の初恋神話の礼讃となる。三池崇史と、泥臭くて硬派な梶原一騎の稚気あふれるロマンティシズムは意外に相性が良いのかもしれない。(高崎俊夫)

映画.com(外部リンク)

2012年6月14日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ