ここから本文です

レイトオータム (2010)

LATE AUTUMN

監督
キム・テヨン
  • みたいムービー 10
  • みたログ 178

3.01 / 評価:117件

小説みたいな映画。監督自己満完結映画w

  • hikari13130 さん
  • 2020年10月25日 4時27分
  • 閲覧数 323
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

なるほど、何とも難しい映画ですね笑
何回か見た方が良いタイプなのかな?
これは好き嫌い別れると思います。

というか好きという人は少ないかも笑
少しマニアックな映画だな。

映画好きでない人は多分
楽しめないし観なくていいと思う。

監督さんの自己満映画ですこりゃ。
 
私は嫌いではなかったですが。
普通でした!

映画なのに映像で伝わる
表情、音楽、セリフ
全てがミニマムで
まるで小説みたい。

小説みたいに自分で想像して
考えて、イメージしなくてはいけない感じw
静かで淡々と読み進めてる感覚になります。



【良かった点】 
①映像はセピアがかってて神秘的、美しいと思います
②静かな所
(この作品はあまり音楽が無く、
 過度な台詞も無くそれが正解だと思います)
③タン・ウェイさんの雰囲気は映画に合ってた


【残念な点】 
①抽象的過ぎて映画を超えて美術作品ぽ過ぎるわw
②映像が断片的でシーン展開の流れが急過ぎ笑
③二人の恋愛感情が伝わってこない
(胸キュンとか一切なし)
④俳優さん達の顔のアップがあまり無いので感情が伝わりにくい
⑤そもそもだが二人の相性があまり良くないw
⑥なんてこったヒョンビンが映画の雰囲気に合ってないぞ!!



ヒョンビンみたさで観たのですが
彼はこの作品にあまり馴染んでませんでした。

ヒョンビンさんが「エスコートサービス」という
女性を相手にする仕事をしてる設定ですが
まずこの雰囲気が全く合ってなくて、、、笑

ナルシストなシーンがあるのですが
全くナルシストに見えず
チャラい感じも無く
そしてこの映画に大事な「哀愁」さが皆無ww

彼の持ち合わせてる
人の良さそうな、
育ちの良さの雰囲気が
今回は仇になった

この映画はもっと退廃的で
擦れてて、渋みのある男性が
合ってたのかなぁと思いました。

実際のヒョンビンさんは分かりませんが
映像で見る彼は爽やかさや誠実さが
全面にオーラで出てしまっているので
この役には全く合わない

まるでカルピスみたいなヒョンビンさん
少し若すぎたかな

そしてヒョンビンさんがタン・ウェイさんと
心を打ち解けあえてないのを感じたんです。

二人の壁をw
最後まで壁がありました。

ヒョンビンさんの方がなんか心を
開いていない感じなんですよね。

不思議です。
人見知りなのか、外国の方との共演が合わないのか。

タン・ウェイさんは逆に
「哀愁」ありまくりで
暗い雰囲気が映画に合ってました。

演技が上手いかわ分からないです笑

この映画はそれ程までに盛り上がる場面が無く
演じる人も難しかったと思いました。

哀愁過ぎるタン・ウェイさん
爽やかさ過ぎるヒョンビンさん

焙煎コーヒーと
カルピス

ぐらいかけ離れた彼らから
愛を感じる事が無かったわ、、、

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ