ここから本文です

宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット (2011)

監督
西崎義展
  • みたいムービー 6
  • みたログ 46

3.14 / 評価:44件

がっかり

  • xmg***** さん
  • 2012年2月4日 17時52分
  • 閲覧数 470
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

 何でヤマトが「東京で1館?」、「1週間の上映期間?」、「レイトショーだけ?」と思っていましたが、映画を観て納得しました。
 理由は「映画の体裁になっていない」ことです。
 深夜のテレビアニメなら許せますが、お金を取る1本の映画としてみると起承転結の転結がありません。
 ディレクターズカットって普通は良くなるもんじゃないの!!
 とにかくカタルシス無さすぎ。

 キャラの個性が残っているのは、佐渡先生とアナライザーと猫のミーくんだけ。
 「ヤマト」ではなくオリジナルの宇宙戦艦で上映すればよかったんじゃないの?

 

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ