ここから本文です

道 -白磁の人- (2012)

監督
高橋伴明
  • みたいムービー 37
  • みたログ 77

3.57 / 評価:53件

映画になっていない

  • m_a_n_k_m_a_n さん
  • 2015年5月29日 9時03分
  • 閲覧数 798
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

作り手のやる気がまったく見えない。どこをとっても何のインスピレーションも感じられない。特に脚本が駄目。浅川が白磁の美しさに気づくシーンの説明的な台詞は驚くべきものだ。「なんでも鑑定団」の再現フィルム並のどうでもよさ。これでは役者も演技のしようがない。そもそも「立派な日本人がいました」なんて日本人のナルシズムに媚びるだけの映画を韓国の映画人をまきこんで作ることが不快。共同製作を謳ってここまでいいかげんな仕事をするのは却って両国の友好に水を差すのではないか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ