ここから本文です

幸運の壺 Good Fortune (2011)

監督
小川通仁
  • みたいムービー 9
  • みたログ 23

2.63 / 評価:16件

解説

異能の人気お笑い芸人ほっしゃん。が主演を務める、サスペンス・コメディー。マンションの管理人から幸運を招く壺をもらったのを機に、不幸のドツボへとはまっていく男の姿をコミカルかつスリリングに映し出す。不条理な事態に次々と直面する主人公の焦燥や困惑を、ほっしゃん。が映画初主演とは思わせないほど巧みに体現。『インスタント沼』の麻生久美子、三谷幸喜作品の常連でありマルチな活躍を見せている戸田恵子、『極道めし』の麿赤兒を筆頭に、実力派俳優たちがクセありなキャラにふんして繰り広げる怪演も見どころ。監督は、「恋のから騒ぎ ドラマスペシャル」シリーズの演出、監督を務めた小川通仁。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

いつまでも売れない役者を続けていることを妻の麻美(麻生久美子)に責められ、その果てに暴力まで振るわれている良作(ほっしゃん。)。そんなある日、マンション管理人のしのぶ(戸田恵子)から家の中に置いておくだけで幸せになれるという壺を渡される。しかし、壺の触れ込みとは正反対の状況に突入。殴りかかろうとする麻美ともみ合いになった末に彼女を殺害、死体を隠すはめに陥ってしまったのだ。さらに、良作の妹であるエリカ(佐津川愛美)や麻美の父親(麿赤兒)が部屋に訪ねてきたり、ヨネスケ(ヨネスケ)が「突撃!隣の晩ごはん」のリポーターとして乱入したりと、不測の事態が次々と押し寄せてくる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ