ここから本文です

ギャラリー 欲望の画廊 (2009)

BOOGIE WOOGIE

監督
ダンカン・ウォード
  • みたいムービー 5
  • みたログ 122

2.38 / 評価:37件

これも現状

  • m19***** さん
  • 2019年6月1日 0時05分
  • 閲覧数 85
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ギャラリーとアーティストの関係の一番極端なパターンが描かれている。画商が扱う作品は、結局金銭的価値があるかないか。金になるか否か。金が動くところには、そりゃあ愛も憎も性もセットだろう。
でもね、そもそもこの作品に映画として価値があるか?日常をただなぞってるだけで印象が薄い、しかも無駄に登場人物が多い。おすすめは出来ない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ