ここから本文です

臨場 劇場版 (2012)

監督
橋本一
  • みたいムービー 113
  • みたログ 937

3.44 / 評価:610件

シラケる

  • thinker さん
  • 2017年9月19日 18時33分
  • 閲覧数 1324
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

なんといっても主人公(倉石)が終始仏頂面で偉そうで失礼な態度なのが不愉快。
現実の世界はそんな甘くないし、あんな上司は嫌だ。
他のシリーズに対抗して重厚感を出そうとして、あのキャラに?
役者本人まで嫌いになるくらい鼻につく。

自分だったら、そんな不機嫌なヤツに検視して欲しくないし、現場でブルーシートで囲ってるにしても関係者が複数いる中で遺体を裸にまでして検視するなんて聞いたことないけど。
遺体を拝んだりする割には敬意を払ってないじゃん。という矛盾。

それに、のっけの無差別殺人のシーンからリアリティに欠ける安っぽい映像で、血糊べったりでおどろおどろしさはあっても鬼気迫る感じがしないし、
死亡時刻のトリックも意外性がないし、事件の真相のそれぞれの独白(言い訳)シーンが長くてどんどんシラケた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ