ここから本文です

311 (2011)

監督
森達也
綿井健陽
松林要樹
安岡卓治
  • みたいムービー 37
  • みたログ 33

2.73 / 評価:22件

評価が難しい

  • oju******** さん
  • 2013年9月19日 10時28分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

未曾有の大震災。

その数日後の現場の混沌、そこで作業する人たちの覚悟、住民の言葉にならない悲哀、それを東京からノコノコ自分探しをかねて行ったおっさん4人が映像に記録したドキュメント映画です。

資料価値としては非常に貴重だと思います。

しかし、「被爆も恐れずに…」とか、「ジャーナリズムの精神で…」とか、このおっさん4人を褒めそやす気にどうしてもなれない。

「震災現地に行ってみよう。行ってから考えよう。何か自分の中で分かる物があるかも」的な自分探しOLもビックリの動機で現地に駆けつけ、準備不足で現地で迷惑を掛け、道中パンクしては住民に「マスコミの方ですか?」を白い目で見られ。
宿ではビール飲んでふざけ、つまみを頬張り、「これが映画だと君は死ぬね」などとほざき。

個人的にムカムカしました。こいつら。

まぁ、被災地の外から駆けつける人間の感覚と、被災地の状況の「ズレ」を正確に伝えるためにあえて編集でカットせずに自分たちの醜態をそのまま残したのでしょう。その一点は理解できます。ジャーナリズムと認めないでもありません。

しかし、ムカムカしました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ