レビュー一覧に戻る
機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 5 黒いユニコーン

tni********

5.0

ネタバレイイ感じです。

エピソード5を観ての感想ですが、小説版の内容を上手く昇華していたと思います。もともと活字媒体ベースの物語を映像化するのですから、物語を再構成する上でのエッセンスの取捨選択は当たり前の様に発生します。そこが邦画・洋画を問わず小説を原作とする物語を映像化した際に個々のイメージとの違いに繋がる訳で…。 そう言った意味では今回のエピソード5は満点だと思います。ブライトとバナージ、バナージとミネバ、リディとミネバ、ジンネマンとマリーダ全てのエッセンスを見事に取込んで再構成されていたと思います。 特に「受け止めなさい。バナージ!!」の下りは最高でしたね。私は小説を読んだ際にこの場面でグッと来て泪が出て来てしまったのですが、今回の映像でも同じように何故か泣けて来ました。「一人ではありません。」とミネバは言っていました。そうです。人は一人では生きていけない事をミネバは知り、その声を、その一つの命の叫びを真摯に受け止めるバナージが居る。彼もまた「自分が何故ここに居るのかの意味が分かった。」とミネバに語りかける。歴代のガンダムの中でも屈指の名場面だと思います。 又、ジンネマンとマリーダとの心の叫びのやり取りも良かったですね。「俺を一人にしないでくれ!!!」と叫ぶジンネマンにもグッと来ました。 1話増えてエピソード7まで残り2話。後半戦も非常に楽しみです。

閲覧数762