ここから本文です

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 5 黒いユニコーン (2012)

監督
古橋一浩
  • みたいムービー 16
  • みたログ 256

4.05 / 評価:115件

5作目にして集大成

  • mimizuku さん
  • 2012年5月29日 2時31分
  • 閲覧数 179
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

素晴らしいの一言。まるで今作で終わらせるかのような勢いで駆け抜ける圧倒的ボリューム、そしてドラマに素直に涙した。うかつにもラストに至るまで「彼ら」の存在を忘れていたほどだ。

UCの素晴らしいところはガンダムの歴史を踏襲・回収しながら、新しいものをつくっている点だ。主人公が地球体験をするのは代表的なお約束。主人公にビスト財団のような巨大なバックボーンや、恋敵?がいる点は新しい。それらをまとめ上げ、一つの作品として昇華させた原作者はやはり伊達じゃない。キャスト・スタッフの気合いの入りようが見て取れるようで、目頭が熱くなる。みんなガンダムが好きなんだな、と。

【5】のハイライトはマリーダとジンネマン、ミネバとリディ、それぞれに絡むバナージ、彼を諭すブライト、と盛りだくさんである。戦闘シーンは控えめだが、逆シャアのあの力も登場し、今後の展開がますます気になる作りとなっている。

想いをバナージとユニコーンの「可能性」に託す者たち。それを利用、あるいは無きものにしようとする者たち。その狭間で揺れ動くバナージは、我々にどんな答えを見せてくれるのか。

来年春が待ち遠しい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ