ここから本文です

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 5 黒いユニコーン (2012)

監督
古橋一浩
  • みたいムービー 16
  • みたログ 256

4.05 / 評価:115件

素直に感動しました

  • まさき さん
  • 2012年5月31日 22時32分
  • 閲覧数 487
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

年甲斐もなく…、感動しました。

このUC5は、本当に良かったです。

 プロモーションビデオでもありましたが、それ以外にも見所が満載でした。

 例えば、ブライトノア艦長「君にガンダムに乗る決意をさせたものは何だ?」
カッコ良すぎだ…。プロモーションで観ていたにも関わらず、
映画館で観ると、もお~、グッときました。

 ミネバザビも良かったですね。
「この目でラプラスの箱の正体を見極めます」と
リディを振り切って飛び降り… その後、
「受け止めなさい、バナージ!」

もうテンションあがりっぱなし。
いい年して、映画館で「Wow(オォ)~」とか声が出そうになりました。
映画の途中でつまみ出されても困るので黙ってましたが。。
 (たぶん。無意識のうちに声が漏れてたら、この場でお詫びします)

さらに。個人的に、ブライトの立ち回りには、感動です。カッコよすぎ。
今さらながら、あんな大人になりたい!と思いました。ハイ。
 (すでに、いい年した大人ですけども)

カイも、シブい立ち回りでしたね。出番はわずかでしたが、実に、
良い仕事をしています。それもこれも、ブライトの策ですが。。。
歴史に残るほど、ストーリーに転機を与えましたね。

マリーダが再調整の呪縛と葛藤するシーンも見ごたえがありました。
ジンネマンキャプテン、やばいのでは??? 何度もヒヤヒヤして観てました。。

マリーダが戻ったシーンも、ジーンときました。

ラストシーン、やはり戦争は、常に先を見なければならないわけで。。。
あがった艦を撃墜するため待ち伏せするのは、世の常ですね。
しかし、ミネバを守る…そのためならば、ネオジオンも動くわけで。
フルフロンタル、美味しいラストでしめましたなぁ。

 音楽も、今さらですが、良かったです。帰る客、一人もいなかったです。
「BROKEN MIRROR」カッコいい曲でした。

 観終わって、帰宅して、今、レビュー書いて…。
観てよかったです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • 勇敢
  • 知的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ