ここから本文です

マンク ~破戒僧~ (2011)

LE MOINE/THE MONK

監督
ドミニク・モル
  • みたいムービー 18
  • みたログ 61

2.81 / 評価:21件

解説

禁欲生活から情欲の世界へと身を落とし悪魔に魂を差し出した破戒僧の姿を描き、160年もの長きにわたって禁書となっていた小説「マンク」を映画化した驚がくのスリラー。残虐で背徳的な僧を演じるのは、『ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男』シリーズや『ブラック・スワン』のヴァンサン・カッセル。男装で主人公に近づく黒魔術師を、『譜めくりの女』のデボラ・フランソワが演じる。メガホンを取るのは、『ハリー、見知らぬ友人』のドミニク・モル。中世の修道院を舞台にした、エロチックで陰鬱(うつ)な世界観に引き込まれる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

17世紀のスペイン。人々に尊敬される僧アンブロシオ(ヴァンサン・カッセル)の前に、仮面をかぶった修道士バレリオ(デボラ・フランソワ)が現われる。アンブロシオの頭痛を癒やす不思議な力を持つバレリオだったが、実は女性だったことが判明。追い出されそうになったバレリオは、アンブロシオと自ら関係を持つ。その日以来、アンブロシオは情欲のとりこになってしまい……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ