ここから本文です

虹色ほたる ~永遠の夏休み~ (2012)

監督
宇田鋼之介
  • みたいムービー 65
  • みたログ 211

3.75 / 評価:170件

解説

ウェブサイトでの連載が人気を呼び、出版された川口雅幸原作の小説を映画化した感動のアニメーション。父親との永遠の別れを経験した少年が昭和の時代に迷い込み、さまざまな体験を重ねながら少しずつ成長していく姿を詩情豊かに映し出す。『ONE PIECE ワンピース』シリーズの宇田鋼之介が監督を務め、『能登の花ヨメ』などの国井桂が脚本を担当。運命のいたずらで出会った子どもたちがはぐくむきずなや友情が胸に響く。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

夏休みに入り、小学校6年生のユウタは一人でダムのそばの山里に昆虫採集にやって来る。そこは交通事故で亡くなった父親とよくカブトムシを探しに来た二人の思い出の場所で、彼はそこで不思議な老人と出会い飲み物を分け与える。やがてユウタは突然の豪雨で足をすくわれ意識を失い、目を覚ますと30年以上前の村にタイムスリップしていた。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ