ここから本文です

横道世之介 (2012)

監督
沖田修一
  • みたいムービー 541
  • みたログ 3,068

4.01 / 評価:2068件

人生で一番好きな映画

  • pic***** さん
  • 2015年9月23日 22時15分
  • 閲覧数 14352
  • 役立ち度 17
    • 総合評価
    • ★★★★★

︎横道世之介を観て

この映画を観て、一番考えさせられたのは、「人と人との繋がりについて」です。
この映画は、大きくわけて4人の登場人物(倉持、加藤、千春さん、祥子ちゃん)の回想シーンで成り立ってます。

そしてそれぞれが、世之介と関わっていた期間は長く無く、おそらく祥子ちゃんですら約一年間ぐらいでしょう。
それなのにそれぞれが、世之介と連絡取らなくなって10年以上たった今になって、ふとした瞬間に世之介のことを思い出します。

なぜか。

それはきっと、世之介との時間が濃く、世之介のことが好きだったからだと思います。

では、世之介のどんなとこが好きだったのか。

それは分かりません。
世之介が飾らない人間だからかもしれないし、ちょっと変わったヤツだからかもしれません。
おそらくそこは論点ではないはず。

僕はこの映画を観て、「自分にとっての世之介は誰なのか」「自分は誰かの世之介になり得るか」について問いました。
そして、「自分も誰かにとっての世之介でありたい」と強く願うようにもなりました。

果たして僕は、誰かにとっての世之介になれるのでしょうか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ