ここから本文です

隣る人 (2011)

監督
刀川和也
  • みたいムービー 57
  • みたログ 59

4.37 / 評価:41件

人と本気で関わる覚悟と無償の愛の尊さ

  • morinatsu27 さん
  • 2013年3月21日 18時25分
  • 閲覧数 1609
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

2012年マイベストランキング第2位だった「隣る人」の再上映を
ポレポレ東中野に観に行きました。
児童養護施設「光の子どもの家」(宗教施設ではございません。)
で暮らす子ども達と保育士に8年間密着したドキュメンタリー。

昨年の初見時、今まで漠然と持っていた「孤児院」「養護施設」
のイメージをあっさりと覆され、打ちのめされたわけです。
30歳過ぎて今でこそ、親の有難みが分かった!なんて、したり
顔で言ってた私ですが、頭を後ろから思いっきり叩かれた感じ
です。何も分かっちゃいなかったんだと。

当たり前に、無条件にいつも隣にいてくれる人が、当たり前に
いない人もいること。
そんな状況を客観的に見ることで、人間が生きていく上で大切
なものを改めて気付かされました。
・・・と昨年も同じような感想を書きましたが。

今回は展開状況、会話をいちいち覚えているので、もう序盤
からラストまで涙が止まらず呼吸困難でした。
とにかく、破壊力あり過ぎなむっちゃん仁王立ち登場から、
最後のまりこ先生の言葉まで忘れられないシーンと言葉の数々。
人と本気で関わることの覚悟、無償の愛の尊さ。

間違いなくわたしのオールタイムベストランクインです。

DVD化はないらしいので、未見の方はこの機会に是非!
心から。
http://www.mmjp.or.jp/pole2/

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ