レビュー一覧に戻る
隣る人
2012年5月12日公開

隣る人

852012年5月12日公開

hij********

5.0

ネタバレ育てるということ

この映画は、決して感動を押し売りするものでも、泣けと強要する表現も、同情して支援しろという投げかけでもない。ただ、今日本にある児童養護施設の実状、そして家族という形態の1つをありのままに映し出したものだ。ドキュメンタリーとして秀逸で、安いナレーションも字幕もなく、なのにわかりやすくキレイな作りだった。 子どもを生むこと、育てること。大変なことであることがわかっていても覚悟が足りなかったから結果として育てられなかったのかはわからない。ただそこには現実に今懸命に生きている命がある。一人ではまだ生きられない命が。 全ての人に見てほしい。家族をもつということ。育てると言うこと。今一度考えて、自分の人生を考えてほしい。 施設で育ったからどうとかいうのではなく、施設が今多大な負担を強いられているのが事実なのだ。自分で命を生み出し、育てるという責任と意味を、この現状を見て考えたい。

閲覧数354