レビュー一覧に戻る
シグナル~月曜日のルカ~
2012年6月9日公開

シグナル~月曜日のルカ~

1122012年6月9日公開

fur********

3.0

ネタバレまあまあ

まあまあですね。 映像面はよかったです。 古びた映画館の外観とかアナログな映写機や室内のオレンジ色の色彩とか町の風景など 主演の三根梓と西島隆弘の息も合ってましたね。 西島は笑顔の多い優しい青年役でよかったんじゃないですか。 三根梓という女優は初めてみたので少し調べてみましたが、NHKドラマ「あまちゃん」の主役を 能年玲奈と最後まで争ったそうで、この作品の時は全くの素人だったようです。 新人ながら映写技師として恵介(西島隆弘)に接するセリフや表情はよかったし、序盤のミステリアスな雰囲気はよかったです。 レイジ(高良健吾)と劇場内で対峙する時のセリフなど、棒読み調のセリフもところどころありましたが、新人ということで仕方ないでしょうね。 高良健吾の演技自体ではなく、演じているレイジそのものの存在は ルカ(三根梓)の過去に関わる重要な人物だから、ストーリーに登場してくるのは当然でしょうが、 映写を通じて心の距離を縮めていくルカと恵介の引き立て役というか蛇足にしかみえませんでした。 もちろん2人を中心にストーリーが進行する中で、変化をつけさせる一要素ではありますけど。 恵介が映写技師の助手としてバイトするための3つの条件も観ている者を物語に引き込むためのつかみみたいなものでしたね。 ルカが3年間映画館から一歩も外へ出たことがないのは祖父への贖罪(しょくざい)ということでしょうが、 観てる者を納得させる説得力は弱い気がしますが、人の価値観や捉え方はそれぞれ違うので、そういうものなのかな、、という感じです。 ピュアな純愛、青春もので嫌いじゃないですが、ストーリーがちょっと弱いですね。

閲覧数1,266