ここから本文です

シグナル~月曜日のルカ~ (2012)

監督
谷口正晃
  • みたいムービー 63
  • みたログ 200

3.16 / 評価:116件

恵介とルカの深い絆

  • isl******** さん
  • 2016年4月23日 12時56分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

レイジが恵介に『嘘をついた!傷ついた!』と言ったけど、恵介はルカのプライバシーと約束三箇条を守っただけで、交友関係もないのになんでレイジが傷ついたと言わなけばならないのでしょう!
映写助手のアルバイトをしている恵介が他人のレイジにルカのプライバシーを話さないのは当たり前!
恵介にとっては最善最良の対策!
もし恵介が暴露したら時給どころかクビになって生活苦になってただろう。
恵介が約束三箇条を守ったのも、ルカの過去はルカ自身が語る為にあると気付いたんだろう。
恵介は器の大きい青年でルカがレイジからの災いに悩まされている時も『俺が守りますから。』と励まし、レイジに殴られてもルカを守る為に立ち向かうところが男らしい!
だからルカは恵介を守り返す為にレイジに立ち向かったから立ち直るきっかけになった。
それと剛造祖父さんの精霊がルカと恵介の前に出現して2人にメッセージを送るシーンがあったなら、この映画はパーフェクト級だっただろう。
でも宇津井健さんはお亡くなりになられてますから。
ルカだって銀映館に3年間閉じこもった真相を今まで誰にも告げられずに1人で抱えてきたわけで、恵介だから真相を話せたと思う。
ルカのこれまでつっかえていたモヤモヤが、恵介の『お祖父さんとの大切な思い出の場所を、自分を戒める場所にしてはいけない!』の一言でスッキリしたし一生分泣くことが出来ただろう。
レイジは6つの罪(ルカに対するストーカー規制法違反・殺人未遂、恵介に対する暴行・傷害、銀映館への建造物不法侵入、アンナに対する自殺ほう助)を犯したから10年〜15年の実刑は免れないでしょう!
小説のレイジも映画のレイジも共通点は人間のクズであること!
しかもさおりこそ威力業務妨害(銀映館にアルバイトとして浸入して、ルカの写メをレイジに送って密告した容疑)とレイジの銀映館事件の共犯で短いけど5年の実刑は確定でしょう!
レイジに利用されてるのにも関わらず信じちゃって馬鹿なさおり!
“さおり、人生棒に振るっちゃったね!”
しっかり償って頂きたいものです。
特にレイジは精神鑑定を受けて、自らの生い立ちと向き合わなければならない。
ルカが月曜日になると憂鬱になっているのにもかかわらず“ 会いたい!”メッセージを送ったり、2回目の月曜日に恵介の携帯に『ルカに変わって!』と電話したりして図々しいったらありゃしない。
ルカが無視するのも無理ない。少しは空気読め!
2回目の月曜日にルカのパソコンを見てルカの危険と苦悩を察知したことで守護神と変化した恵介。
レイジに平手打ちしてこれまで抱えていた観念袋が破裂して三下り半を突き付けたと同時にアンナの敵討ちをしたルカ。
私があの場にいたら、拳で鼻めがけて10発以上は殴りつけ『すべてはレイジが蒔いた種が招いた結果だ!
自分の蒔いた種と向き合って償わない限り、いつまでたっても変われない!
心からお詫びするのはレイジだ!!
レイジ、テメエ『アンナが妊娠するから悪い!』と言ったけど、妊娠させたテメエは悪くないのか?
しかも恵介に『嘘ついた!傷ついた!』と言ったけど、テメエはどれだけ人を傷つけて嘘を重ねてきたのかわかってんのか⁈
ふざけんな︎!!
妊娠させたテメエは滅茶滅茶悪い!
ここは映画を楽しみに来る人が集まる神聖な場所で、アンナを妊娠させて捨てた挙句、死に追い込んだテメエの来る場所じゃねえ!!
七股かけておきながら何が、『ルカは俺の女!』だ!
笑わせんじゃねぇ︎よ。バーカ!!
アンナを死なせた自分の罪をルカになすりつけるなんて言語道断︎!!
女の身体なめんなよ︎!!
甘ったれるな︎!!
とっとと消えろ︎!!
恥を知れ!!』
と罵り『恵介の分!・ルカの分!・アンナの分!』と叫び飛び蹴りを繰り返しながら追い出すだろう(その位レイジが腹立たしい)。
きっと高良健吾君も同じ気持ちに違いない(インタビューで『レイジの自業自得!』と語ってたから当然の報い!)。
レイジが消化器でルカを殺害しようとして恵介が『ルカ〜︎!』と叫んだ為、未遂に終わったのも恵介の体内に剛造祖父さんの魂が浸入して恵介と共にルカを助けたことだろう(半分は恵介の声・もう半分は剛造祖父さん)。
ルカと恵介が出会ったのも剛造祖父さんの引き合わせによる巡り会いだからラストシーンで剛造祖父さんの精霊、出て欲しかったなぁ。
三根梓ちゃんと西島隆弘君とのシーンがかなりバランスが良く、かなりいい感じに描かれているのが印象的!
梓ちゃんと高良君はこの作品の2年後に『平成猿蟹合戦図』、高良君と西島君は4年後に『いつ恋』で共演しているから、次は梓ちゃんと西島君の共演が楽しみです!
それに『いつ恋』の朝陽よりも男らしい。
その後の銀映館がどうなっているのだろうか!
続編が気になる今日この頃。
恵介が小学校の先生、ルカも映写技師として成長して再会して絆がさらに深まり永遠に結ばれてます様に!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ