ここから本文です

ボーン・レガシー (2012)

THE BOURNE LEGACY

監督
トニー・ギルロイ
  • みたいムービー 247
  • みたログ 2,514

3.11 / 評価:1359件

ボーンシリーズなのにボーン出てないし

  • izq******** さん
  • 2021年6月14日 0時04分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ボーンシリーズ第四弾ながら、ジェイソン・ボーンが登場しない少し残念なスピンオフ作品。前三作と並行した時間軸でアウトカム作戦に関わった世界中の工作員や科学者の抹殺指令から逃れる工作員アーロン・クロスを主役とした話し。
ボーンシリーズらしく、CIAの情報収集力や最新技術を駆使した追い詰め方と、そのCIAの追っ手から逃れるさまが見所。
但し、アーロンが美女シェアリング博士を助けたのは、単に服用していたやばい薬が切れて、薬が欲しかっただけというのが何とも言えん設定だ。薬のためにCIA諜報員を殺しまくり。

ジェイソンのように、本作ではアーロンがCIAの追っ手から逃れて行くさまが見所。
最初は雪山にいるときに無人機で爆撃を受けたまたま山小屋を離れ難を逃れ、逆に無人機を爆撃。狙われてることを悟ったアーロンは、体に埋め込まれた発信器を取り出し、狼に食べさせて、次の無人機に爆撃させ、CIAに自分が死んだと思わせることに成功。アーロンは薬が切れて、薬を入手するために美女科学者シェアリング博士宅に行くが、CIA局員が計画関連者ということでシェアリング博士を始末するところだった。アーロンはCIA局員を皆殺しして家に火をつけて、シェアリング博士を救出。
薬の服用を不要にするよう活性ウィルスを摂取するため、アーロンはシェアリング博士を連れて薬製造工場のあるフィリピンのマニラに行く。
消えたシェアリング博士の行方を追うCIAが、彼女のマニラ入りを遅れてつかみ、薬製造工場で二人の拘束をはかるが逃走。二人はホテルに潜伏するが、そこも機動隊に取り囲まれ、さらにCIA工作員が暗殺者として仕向けられる。機動隊を振り切り、CIA工作員とのバイクバトルもシェアリング博士の蹴りで倒し、二人が倒れ込んでるところ、地元の漁師親子に救われて、気ままに漁船で海に出ているシーンで終幕。アーロンはともかく、シェアリング博士なんかはCIAの手から逃れられんだろうに、どうオチをつけるのかと思ったが、なるほど。
アーロン役はアベンジャーシリーズのホークアイ役のジェレミー・レナー。工作員抹殺を指示するCIAの偉いさんリック・バイヤー役でエドワード・ノートン。アーロンと共に追われる美女科学者役でレイチェル・ワイズといったシリーズ新キャストに加えて、従来キャストも端々で登場。
スピンオフ的な作品を作るんであれば、前三作中に今回主役のアーロンかシェアリング博士あたりを登場させておいてくれた方がもっと楽しめたのになと思った。
あと、色々作戦名が出てくるが、どれがどんな作戦なのか、もう少し説明して欲しいとこ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ