ここから本文です

晴れ舞台はブロードウェイで!~シニア劇団の挑戦 (2011)

監督
倉田操
  • みたいムービー 1
  • みたログ 2

未評価

解説

大阪府箕面市のシニア劇団「すずしろ」の60歳代から80歳代のメンバーたちがブロードウェイを目指す姿を追ったドキュメンタリー映画。2004年にワークショップを開催したことがきっかけで立ち上がったシニア劇団が、情報を収集し、資金をかき集め、英語劇に取り組み、ニューヨーク公演へ向けて奮闘するプロセスを映し出す。監督は、ワークショップを指導し、劇団の立ち上げにも携わった倉田操。さまざまな背景を持ち、病気や家庭事情などを抱えながらも、演技にやりがいを見つけ出したシニア世代のはつらつとした姿が印象的だ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

2004年、演劇のワークショップ「60歳からの演劇入門」に参加したメンバーが中心となって、アマチュアシニア劇団「すずしろ」が結成される。メンバーは60歳を超えて演技を始めた者がほとんどであったが、演劇人なら誰もがあこがれるブロードウェイ公演という大きな目標を掲げる。そして、目標の実現に向けて、悪戦苦闘しながらも一歩ずつ前進していく。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ