2012年4月7日公開

キリング・ショット

CATCH .44

R15+942012年4月7日公開
キリング・ショット
2.4

/ 173

9%
7%
24%
32%
28%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

テス(マリン・アッカーマン)は、ドーン(デボラ・アン・ウォール)、カラ(ニッキー・リード)姉妹と共に車で郊外を目指していた。強盗とヤクの売人が仕事の彼女たちは、ラスベガスの裏社会を牛耳るメル(ブルース・ウィリス)にあるダイナーに向かうよう指示を受ける。そこでボスのシマを荒らす相手の正体を暴くはずだったが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(73件)

セクシー10.5%パニック10.5%絶望的10.5%笑える10.5%かっこいい9.3%

  • SN

    2.0

    ネタバレまたもやブルースウイルスにやられました

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ルー

    3.0

    これはこれで〇

    時間軸が右往左往で、登場人物の名前がバーンみたいなのもあって全体的にタランティーノ臭。長回しも多くて蒸し暑さの空気感もよく出てました。個人的にはこういうの好きなので面白かったです。ラストにもうひとヒネリ欲しかったですが。

  • kod********

    1.0

    退屈極まりないです。

    アホ女3人組のしょーもない会話、聞いててイライラしてきました。だから最後まで見る気もしなかったです。

  • fg9********

    1.0

    駄作ウィルス菌に犯されてしまった

     …あらすじは、解説のとおり。  タランティーノ監督を意識しているのだろうが、結局、何をどう表現したかったのか全く解かりまヘン。  フォレスト・ウィッテカーのちょっと気色悪い演技が印象に残っただけ。  ブルース・ウィリスは「セットアップ」といい、駄作ウィルス菌に犯されてしまったのだろうか?

  • nyy********

    2.0

    俳優の無駄遣い

    キャストはいいのに、脚本がダメ過ぎる。見終わっても、「ふーん」で終わり何も残らない作品。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
キリング・ショット

原題
CATCH .44

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日