ここから本文です

王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件 (2010)

狄仁傑之通天帝國/DETECTIVE DEE AND THE MYSTERY OF THE PHANTOM FLAME

監督
ツイ・ハーク
  • みたいムービー 29
  • みたログ 173

3.78 / 評価:85件

……醍醐味が一杯詰まった一大スペクタクル

  • fg9******** さん
  • 2017年3月2日 15時16分
  • 閲覧数 760
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …あらすじは、解説のとおり。
 なんともキナ臭いサブタイトルから観るのを止めようかと思ったが、アンディ・ラウの名前が見えたので観てみた。
 これはこれは、観て大正解。
 時代は唐。
 中国史上初の女帝誕生(則天武后)の裏に隠された陰謀と、サブタイトルどおりの「人体発火怪奇事件」の謎を「判事ディー(アンディ・ラウ)」が解き明かしてゆく物語。
 アンディ・ラウの心・体・技の三拍子揃った演技には当然魅せられたが、則天武后の側近のチンアル(リー・ビンビン)の秀麗さ、それでいて男勝りの剣客ぶりにも魅了された。
 これ以上書くとネタばれ(ネタばれ厳禁)になりそうなので止めるが、怪奇+謎解き+カンフーアクション+映像美等の映画の醍醐味が一杯詰まった一大スペクタクルに仕上がっている。
 大満足の逸品!!!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ