ここから本文です

容疑者、ホアキン・フェニックス (2010)

I'M STILL HERE

監督
ケイシー・アフレック
  • みたいムービー 76
  • みたログ 194

2.92 / 評価:121件

パフ・ダディの真顔

  • mar******** さん
  • 2020年6月11日 11時25分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

自分も真顔になりました。
本気なのか?!この映画は。


2年かけた壮大なヤラセだと知ったうえで見ましたが
当時のハリウッドの喧騒は知りません。
つまり、騙されてた前提が無く、
騙してる演技だと知った上で見たので
おもろさ激減じゃないのかね。
けっこう序盤で「引退はヤラセと言われてますが?」って、
バレかけてるやん。
疑われてる時点でもう不成立というか
”あと戻りせず演技し続けるしかねぇ”みたいに見えてしまった。


クソみたいな内容。
汚ねぇもののオンパレード。
クソみたいに喋って嘆きやがって。
何回クソって言うんだ、クソが。
薬キメまくって、それも演技でしたってか?クソが。
ホアキンとケイシーの顔にクソしてやりてぇわ!
そもそも声が優しすぎるんだよ、クソが。
クソ書きすぎてゲシュタルト崩壊。


大絶賛のジョーカーもピンとこなかった。

要ショービズ知識。
要映画IQ。
これは演技で普段の自分は違うってか。
そんなことは知らないしどうでもいい。
この2時間に対峙した自分にはクソでしかない。

ノータリンの自分が手を出すべき映画じゃないとわかった。

真顔。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ