ここから本文です

チョコレート・バトラー THE KICK (2011)

THE KICK

監督
プラッチャヤー・ピンゲーオ
  • みたいムービー 1
  • みたログ 48

3.00 / 評価:21件

主役じゃないけどジージャーちゃんかわいい

  • ホアホアール さん
  • 2012年5月7日 19時19分
  • 閲覧数 779
  • 役立ち度 10
    • 総合評価
    • ★★★★★

皆さんこんにちは北陸レビュアーホアホアールです。

■さて今回の作品レビューは?
2011年、「チョコレート・バトラー THE KICK」です!
いわずもがな、タイ映画「チョコレートファイター」で多くのお気レビさんの注目を浴びた美少女、ジージャーちゃん出演作品です!出演であって主演じゃない所が怪しい(笑)

■ホアール「チョコレートバトラー」あらすじ
テコンドーの国際大会でメダルを獲得した事もある韓国人夫婦ムンさんとユンさんがその後タイでテコンドーの教室を開いて生計を立てております。その長男が主人公のテヤン君です。がどうも彼はテコンドーよりダンスの道に進みたがっているようです。その次に美人だけど強い女の子のテミちゃん、まだ幼いテプン君がいてみんな朝から晩までテコンドーをさせられております。そんなある日、タイ国の国宝である刀が強盗団に盗まれ、たまたまバンで現場に居合わせたムンさんの一家が事件に巻き込まれてしまいます。冷酷非常で武道に優れた猛者たちばかりの強盗団を前に果たしてムンさん一家はどうなってしまうのでしょうか!

■私の前のレビュアーさんたちが
怒っております。おふたりとも☆1です。チョコレートバトラー、と来て、パッケージの中心はジージャーちゃん、普通に考えたらジージャーちゃんが主役でしょう!ところが本作の主人公は韓国人のテコンドー道場一家のダンス好きのテヤン君なのですから。これは詐欺やないか!とレビュアーさん方が怒られるのは当然の事と思います。今後も本作をご覧になられて「詐欺だ!」と思われる方が続出される事が予想されます。

■がしかし私は、
ジージャーちゃんのチョコレートシリーズ第2弾、「チョコレートソルジャー」よりは本作を高く評価したいと思います。かなり異論があるかと思いますが、テコンドー一家の大黒柱ムンさんは細面のジャッキーチェンさんって感じのコミカルな風貌で主人公テヤン君も小出恵介君(梅ちゃん先生で兄の竹夫君役)と中尾明慶君(「時をかける少女」2010)を足して二で割ったような馴染みやすい顔をしていていいんじゃないかと思います。なんていうか映画の良し悪しのひとつの尺度に登場人物に愛着が持てるかどうか、というのがあると思いますがその点で言えば私個人は結構本作の登場人物は愛着が持てる人々だったと思います。

■タイ映画かと思ったら・・・
韓国映画だった、ってのも本作の糾弾ポイントにされる所ですが、個人的にはタイ映画と韓国映画のコラボレーションって予想外だったので意外といいんじゃないか?と思ったのです。それならばジージャーちゃんが日本に来て井上真央さんと競演する、タイ日合作の映画があってもいいんじゃないかと思うのです。
(今回見ると池脇千鶴さんにも似ている!)思えば、チョコレートファイターも日本との合作みたいな映画でしたよね。ちゃんとジージャーちゃんが主役でしたけど。

■チョコレートソルジャーとチョコレートバトラーを比較すると・・・
チョコレートソルジャーはジージャーちゃんが主役でしたが正直ショートカットでロッカー風の彼女はあんましかわいくなかったんですよ。しかし本作のジージャーちゃんはそこそこ髪が伸びていてかわいかったです。ソルジャーの彼女は惚れないがバトラーの彼女には惚れちゃう、その点ではチョコレートバトラーでは準主役ですらないけれどもジージャーちゃんは良かったと思います。本作の監督はチョコレートファイターと同じプラッチャヤー・ピンゲーオ監督のようでその点でも監督の違うチョコレートソルジャーとは雰囲気が違います。

■テコンドー一家ファィヤー!
本作はテコンドー一家が一致団結して多勢の屈強な窃盗団と立ち向かうという物語でしたがふと映画クレヨンしんちゃんを思い出しました。小さな道場を開く一家においてさしずめテヤン君はしんのすけ君であり、テプン君はひまわり的ポジションじゃないかと思います。さしずめ彼らを助けるジージャーちゃん演じるワワちゃんはクレヨンしんちゃんの映画ではゲストキャラの女の子みたいなポジションでしょう。

■そんなわけで、
個人的にはチョコレートファィターほどの壮絶なアクションからすると「意外と普通」でジージャーちゃんも主役じゃないですが結構楽しめる映画でありました。ジージャーちゃんの世界進出への布石と考えると本作の意義も大きいものがあると思います。いつの日か日本映画進出、ハリウッド映画出演を果たして欲しいと思います。などと書きながら、

ホアール作品レビュー、韓国映画のようなタイ映画、2011年製作「チョコレートバトラー」編、

おしまい!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ