ここから本文です

図書館戦争 革命のつばさ (2012)

監督
浜名孝行
  • みたいムービー 60
  • みたログ 386

3.77 / 評価:216件

ん~原作の良さが。

  • iri***** さん
  • 2013年2月10日 21時55分
  • 閲覧数 684
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作が好きでアニメも見てたのでDVDをレンタルしました。
まぁ。ほぼ原作通りだったのですが、疑問が少々。
*当麻先生が日野の悪夢を知らない?=せめて詳しく知らない程度なら兎も角、全く知らないは違和感がある。事件当時かなり騒がれた筈だし、作家なら無関係な事件でないのに
*堂上教官が打たれ、書店のバックヤードで雨に濡れた服を郁が着替えるシーンがなくなった=ここで着替えないと図書隊の制服のまま大阪を歩くことになり、当麻先生がいくら変装しても意味がなくなってしまう
*良化隊の銃撃に向かって車を走らせる=図書隊後方支援部が作った改造車なら防弾ガラスとかにしてありそうですが、普通のレンタカーであの銃撃に突っ込んでいくのは、当麻先生を死なせることに可能性が大過ぎる
*作中に出てきたオリキャラ=必要だったのでしょうか?無理に出さなくても原作通り書店店長で良かった筈
映画オリジナルで良かったのは、玄田隊長、小牧教官、手塚が郁のピンチに大阪まで駆けつけるシーンと英国領事館の人間が銃撃戦後駆けつけ当麻先生を助け「この(車)中は英国領だ!!」と宣言するシーンはかなり良かったです

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ