ここから本文です

北のカナリアたち (2012)

監督
阪本順治
  • みたいムービー 209
  • みたログ 1,513

3.28 / 評価:921件

原作を曲げてでも擁護したいのか?

  • chi***** さん
  • 2020年10月25日 20時46分
  • 閲覧数 382
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画と原作が違うのは、当たり前なのだが
この映画が訴えたいことは何なのかを考える時、
原作との差異に着目するのは仕方がないこと。

余命半年の夫を裏切る主人公に、共感できる人がいるのだろうか?

それを正当化するために追加されたエピソードや
(特に、夫が犬を棒で殴るシーンが不快)
綺麗な風景で、ごまかそうとしている感じがして、
そこまでして、不倫を擁護したいのか?と、落胆した。
森山未來さん演じる信人の演技や、カナリアの歌の使い方など、
原作にはない魅力もあったが、なんて、ひどい映画なのだろうと思った。

原作の「往復書簡」の中の1編、「二十年後の宿題」は、
同じ内容の事故こそ起こるが、事故の意味合いから結末まで、
別物なので、読み比べてみて欲しい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ