レビュー一覧に戻る
アシュラ
2012年9月29日公開

アシュラ

752012年9月29日公開

ゴン太

5.0

極限状態で顕れる人と獣との一線

人としてどう在りたいかを問われる作品。 特殊な状況下においてはじめて描ける、モラルとは何かを訴える内容で、人であることの境界の脆さや社会意識のありようにも触れさせられる。 ネタばれに繋がるので多くは書かないが、本作のような極限下でなくても、我々は弱肉強食、差別社会のなかで生きている。無意識にも感じる、人としてやって良いこと悪いこと、道徳がどこから来ているかは、よくよく意識的に考えることが、どんな人生を送るかの選択肢において、とても大きな要素となる。 ゴタクはともかく、魂が揺さぶられるレベルのドラマ。主人公の魂の叫びに、恥ずかしながら何度も号泣。

閲覧数1,131