レビュー一覧に戻る
アシュラ
2012年9月29日公開

アシュラ

752012年9月29日公開

nap********

4.0

ネタバレ生き続ける

食べる物がなければ食人するしかないのは世の常です。実際に飢饉の時代に食人が行われており、現代でも雪山に不時着した飛行機の乗客たちが死んだ乗客を食べた話が残っています。 阿修羅は守ってくれる人も愛してくれる人もおらず生きる為に人肉を食べるしかなかった。そうやって生きる術しか知らなかった。誰がアシュラの生き方を責められるのか。若狭や坊さんとの出会いがアシュラに喜びや悲しみを与えて彼を人間にしてくれたと思います。アシュラを追い詰める村人達。本当の悪魔はどちらなのか。若狭がアシュラを否定し最後まで信じることが出来なかったのは悲しいです。例え死のうとも人の道に劣ることはしたくないという若狭の意思は立派だけど悲しいですね。彼女は最後まで美しいままでした。しかし理想や綺麗事だけでは生きられない。難しいものです。阿修羅は最後お坊さんになったのは良い終わり方。

閲覧数740