2012年4月28日公開

ジョイフル♪ノイズ

JOYFUL NOISE

1182012年4月28日公開
ジョイフル♪ノイズ
3.5

/ 90

20%
23%
44%
7%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(22件)


  • cosmos

    5.0

    .先が読めるけどノリノリで心地よい。

    天使にラブソングから随分立ってこの手の映画を見ました。 ストーリーは似たような感じかなぁと思ったのですが、音楽がとにかく素晴らしい。 天ラブとは違うところは、既に一流の歌手を起用しているところかな。 天ラブはその映画から、スターが生まれてると言うこと。 しかし、久しぶりに楽しい映画でした。

  • fg9********

    4.0

    風邪も吹き飛ばすような元気を貰える作品

     …あらすじは、解説のとおり。  小さな町の聖歌隊が全国大会「ジョイフル・ノイズ」での優勝を目指す。  これだけでベタ・ストーリーだと解かるが、序盤でポール・マッカートニーの曲(曲名ど忘れ)をある青年が歌っていたが、譬えようもない歌声に魅せられてしまって観続ける。  やはり、ストーリーはベタベタ。  しかし、随所にお馴染みの曲が織り込められていて、更に観続ける。  クライマックスの決勝戦では、スライ&ザ・ファミリーストーンの『I want to take you higher』で勝負に出る。  これも、やはりベタなのだが、圧巻のステージ・パフォーマンスには胸が躍ってしまった。  風邪薬を呑んでごろ寝しながら観ていたが、風邪も吹き飛ばすような元気を貰えた作品だった。

  • D

    5.0

    内容がいまいちという声が多くありますが

    私は大好きな映画のひとつです。 ストーリーが平凡というレビューが多いですが、平凡だからいいのではないかと反論したくなります。 ヒューマンドラマは平凡な内容の方が身近に感じれるし、リアリティがあり感情移入しやすい。劇的な展開、華のある演者を期待するならそもそもヒューマンドラマを観るべきではないと思います。

  • rag********

    3.0

    歌はいい感じだけど…

    素晴らしい歌がたくさんありました! でもコメディといえるほど笑えないし、内容も薄かったです…。

  • rak********

    2.0

    歌に重きを。。。

    まあ天使にラブソングをと同じといっても いい内容なわけですが、こちらはより歌に 重きをおいたというか、映画としてはどう なんだろうと思う出来でした。

  • サンゴ

    2.0

    歌はいいがストーリーはスカスカ

    「天使にラブソングを」が大好きなので、同じようなのを期待してこれも見てみた。 が、雲泥の差。 いいゴスペルが聞ければいいやと思っていたのは事実だし、ステキな歌声は確かに堪能できたけど、映画としてはほんっとにスカスカ。 主役のクイーンが単なる嫌な母親、嫌なリーダーにしか見えない。 娘に悪い虫がつかないように厳しくしつけてるんだけど、新しく引っ越してきたドリーの孫はどう見てもいい子。 多少自由すぎるところはあるけれど、学校でいじめられているちょっと変人の息子にもすごく優しくしてくれる。 歌もうまいし、楽器もひけるし、聖歌隊にとっても願ってもない人材なのに、特に不良でもないこの子を異常に嫌い、娘から遠ざけようとし、聖歌隊に入るのも嫌がる。 母親としても、聖歌隊のリーダーとしても失格。 ドリーとは最初から仲違いしているのだけど、なんで仲違いしているのかの説明もないし、ドリーのほうは普通にいいおばさんなので、余計クイーンが嫌なおばさんに見える。 面白かったのは男運のないおばさんの話ぐらいで、後はもうほんとに酷い。スッカスカで全然いい話じゃない。 歌はほんとにいいので、「天使にラブソングを」みたいな、笑えて泣けるいいお話にしてくれたら絶賛したのに。

  • kar********

    3.0

    ドリーにハマった

    この監督、何を作った人かな~とチェックしたら、 何と昔とても好きだった「ニッキーとジーノ」の監督でした~♪ クイーン・ラティファとドリー・パートンの競演ですよ! 残念ながら物語はイマイチだけど、 ほとんど全編歌ってるので、 コンサートムービーだと思えば文句もないかな(笑)。 クイーン・ラティファは、いつ見てもカッコイイ! あのどっしりとしたプロポーション。惚れ惚れします。 ドリーは顔の整形のし過ぎでも~う酷いんだけど(^^;)、 歌声が本当にキュートで魅力的。 今までほとんど彼女のことを知らなかったのですが、 今回思わずハマってしまいました。 個人的に一番の収穫です。 その歌声だけでなく、 18歳ぐらいで出会ったナッシュビルのアスファルト舗装業者の彼と そのまま結婚して今に至るらしい、 という全く外見からは想像できないキャラにも ちょっと心惹かれてます(笑)。 彼女が歌う From here to the moon and back は、 何度聴いても泣けます。 何故か東洋人とばかり恋に落ちちゃう Earla役のアンジェラ・グローヴィもキュートでしたね。 ゴスペルって素敵だなぁと思うけど、歌詞の内容を読んでいると、 やっぱ自分にはハードル高いな~、と思ってしまうのでした。

  • ken********

    5.0

    ゴスペル映画は、元気が出る

    ゴスペル映画って元気が出ていいですよね。 曲もパフォーマンスもよかった。 話は、ありきたりかもしれないですけど、この神を称えるパワー、すごいね。 こういう映画を見て救われる人もいると思うので、この映画見て元気出しましょう。 ビヨンセが出てたゴスペル映画の「ファイティング・テンプテーションズ」に及ばないと思ったけど、楽しかったです。

  • oce********

    3.0

    構成が下手

    田舎町のゴスペル聖歌隊が、全国大会であるジョイフル・ノイズに出場するまでを描く音楽もの。 基本に忠実というか「天使にラブソングを」の頃から特別変わるものはない。 ただこの系統はやはり歌が注目である。 メインボーカルにバックコーラスが被って盛り上がっていくスタイルはやはり見物。 ただこの映画は構成が悪い。 冒頭からすでに歌が完成しており、作り上げていく部分が欠落している。 つまりクライマックスがどこなのかは分からない。 最後の大会のアレンジなんて一度も練習風景が出てきてない。 歌にごまかされそうになるが、物語は至って平凡だ。

  • のあ

    5.0

    最高!

    何度もスクリーンに向かって拍手しちゃいそうになりました! 最高でした~! ゴスペルって、なかなか聞く機会がないけれど、なんて素晴らしいんだって、再確認! おばあちゃんの心の広さと行動力が素敵でした!

  • いやよセブン

    3.0

    ドリー・パートン健在

    聖歌隊のリーダー(クリス・クリストファーソン)が突然亡くなり、次のリーダーにクイーン・ラティファを選ぶが、未亡人となったドリー・パートンは面白くない。 クイーンの娘とドリーの孫が恋仲になり二人は更にややこしいことに。 ストーリーは置いといて、聖歌隊のコンテストが楽しく、ヒット曲のオンパレードで、勿論、クイーンとドリーの歌もたっぷりと聞かせてくれる。 決勝大会で歌うスライ&ザ・ファミリー・ストーンの"I Want to Take You Higher"は圧巻。

  • ain********

    3.0

    ゴスペルのみの映画

    ストーリーを求めてはいけません。 はっきりいってむちゃくちゃです。 しかし全編を通しての音楽は全て最高です。 大画面と5.1サラウンドで聴けば 立ちあがる事間違いないでしょうね。 ライバル達のゴスペルも最高だし、 音楽好きが観る映画です。 しかし何でゴスペル聴くと あんなに躍動感が湧いてくるんでしょうかねえ。 不思議な音楽のマジックです。

  • mar********

    4.0

    ジョイフル♪ノイズ

    ストーリーがどうこう、というよりも、 単純にゴスペルを楽しむために観る分にはよいと思う。 すごくかっこいいゴスペルが聴けます。 あんな風に歌えたら、気持ちいいだろうなぁ・・・。 あれだけ踊りながら歌えるもんなのか、ちょっと謎ですが(笑)

  • しん

    5.0

    人と人との心を繋ぐ歌のマジック

    教会、聖歌隊、融通の効かない牧師で思い出すのはやっぱり 「天使にラブソングを」である。 ストーリ設定も非常に似ています。 そして有名シンガーのカバー曲が満載です! 私が知っているシンガーだけでも マイケル・ジャクソン、スティービー・ワンダー、スライ、 ポールマッカートニー、メアリー・J・ブライジ、アッシャー、 などのカバー曲が登場します! もうこれだけでも見所です!と言うか、これが見所です。 マイケルの「マン・イン・ザ・ミラー」の合唱シーンなんか 涙ものですよ! そして登場する少年、少女、おばさんと皆歌が上手いんですが ヴァイ役のクィーン・ラティファの歌声は別格です! まさしく「ソウル」!魂の歌声です! このクィーン・ラティファが主役を演じ、 涙あり、笑いあり、恋愛あり、親子愛ありで 「ジョイフル・ノイズ」のコンクール優勝を目指すと言う、 はっきり言ってベタベタなストーリーなんです。 しかし、その歌声に魅了されるんですね~! これこそ歌のマジックでしょう! 採掘場で子供達が歌を歌うシーンの「響き」なんか最高ですよ! そして大会での盛り上がりもすごい! 会場はクラップ・ユア・ハンド状態! (ファンキー・ビューロご存知ですか?) 人と人の心を繋ぎ、動かす、まさに感動ですよ! そしてフィナーレに向けまたこれが盛り上がるんですね! スライ! はるか上へ! ハイヤ~! ハッピー、パーピー、ザ・ハッピーエンド! 「天使にラブソングを」が好きな方、 最近ストレスが溜まっている方は是非!

  • tos********

    5.0

    ゴスペル好きの人は楽しく観られます

     ゴスペル万歳!という感じ。  ストーリー自体は「ビバヒルか!」「お安いホームドラマかい」 と突っ込みどころ満載なのですが、そんなのは劇中のゴスペルで 全部許せてしまいました。 そして、アメリカって本当におっそろしい国だなあ~と思いました。 だって、東京でも新宿シネマートでしかやっていないという小作品 って感じなのに、出ている人たちの歌が実にうまい、そして演技が とてもナチュラル。 特に子供たちのゴスペルでは、歌とそのひたむきさに思わず涙が。 (というか、私はストーリーに入る前にオトナである主人公達が歌う マイケルのナンバーのところで、既に歌に感動して涙しました)  この映画のいいなーと思うところは、アメリカ南部が舞台であり ゴスペル映画だけど黒人の話だけじゃないところだと思います。  黒人、白人、ヒスパニック系、黄色人種入り交じった聖歌隊で、 古い土地柄だろうに、聖歌隊の中では人種差別というものが全く 見えないところです。 環境の描き方においては、最大のスポンサーは白人家庭だったり しますが、そしていさかいもありますが、差別からくるものは、 私は無いと感じました。 喧嘩も普通に「アンタのやり方が気にくわない!」という感じ。 これは監督がマイノリティの面も持ち合わせているゆえの目線の 暖かさか、そのあたりの理想が無意識に出たのか?と想像。  ゴスペルが主役ですが、そんなに宗教色もありません。ただ 「神が」「神に」というセリフが沢山出てくるし、出てくる人々 には信仰が前提にあるから、そこを意識しないで観ると、劇中 の人物の気持ちが若干わかりにくい かもしれません。 「そういうものなんだなぁ」程度でも意識していれば、あとは ゴスペルが助けてくれます(それだけ歌に説得力がある)。  邦題は、♪マークがちょっと・・・。 あと、ホームページやパンフレットにあるあらすじがよくない と思いました。 ああ書けば簡単ですが、この作品の芯というか、根っこの部分 が全く見えず、かなり上っ面のあらすじです。ちょっと悔しく なりました。

  • bus********

    3.0

    歌は、まぁまぁ 良かったけど…

    歌はそれなりに良かったけど、映画のストーリーは、イマイチ。 イマイチというか、当初の問題だった件はどうなってしまったのか? 未解決? というより、話の原点がそっちのけになってしまいましたね。 歌だけを聞くという映画でもなし。 広い気持ちで見れば…良いかな?

  • sou********

    5.0

    ゴスペル最高!お薦め

    とにかく最高の音楽!最高のゴスペル!楽しめました!感動のステージ!「天使にラブソングを」の、のりで歌い踊りたくなりました。みんな歌がうまいです。子供のゴスペルもまるでマイケルジャクソンが歌っているみたいな錯覚を覚えました。とにかく感動しました。ストーリーよりもコンサート気分で観て楽しんでください。観終わって最高に幸せな気分になれました。

  • ドクター眠眠

    3.0

    ノリノリ気分で、おぉ、神よ~な映画。

    機内上映で見たシリーズ第三弾は「ジョイフル♪ノイズ」。 この映画は自分の中では「本編より音楽が良く、サントラ買いたい系」というジャンルに 分類される映画です。ストーリーは100回くらい見たような、チームが内部のいざこざを 乗り越えて、一つになって、大会で強豪を打ち破って優勝系の映画で、新鮮味はまるで ありません。しかし、出演者の歌唱力が凄過ぎて、歌うシーンはパワフルです。 字幕を読むと、歌詞は、私は神の僕ですとか、宗教的なのですが、サウンドは、ぜんぜん違う、かっこいぃぃぃ~です。音楽80点。ドラマ45点。という評価。 ただ、ドリー・パートンが出演しているですが、おばあちゃん役なのに、「9時から5時まで」に出演していた時と同じくらい若く見えるの可笑しい。整形しすぎもいかがなものかと思いました。ドリー、永遠の若さを得るための、悪魔に魂を売ったのかい? ここまで書いて、思い出したことを一つ書きます。 とある欧州の世界遺産に登録されている教会を見学したとき、たまたま、パイプオルガンの演奏の練習をしていて、教会内部の音響効果が抜群で、キリスト教徒でない私も、思わず、おぉ、神よm○mな敬虔な気持ちになりました。音楽と宗教って密接に結びついているのですね。 ちなみに「ジョイフル♪ノイズ」は無宗教の人でも十分楽しめます。

  • tkr********

    4.0

    サントラが欲しくなりました

    試写会で観ました。 アメリカの片田舎の聖歌隊が寂れていく街を盛り上げようと、聖歌隊の全国大会「ジョイフル・ノイズ」の優勝を目指す。 最終的に優勝争いが出来るぐらいの実力のある聖歌隊の設定なので、当然出演する俳優陣はいずれも実力派揃い。 いずれ劣らぬ素晴らしい歌唱力で名曲をたっぷりと披露してくれるので、まるでコンサート会場にいるかのようで、観ているこちらもノリノリでした。 いつまでも聴いていたくなる素晴らしい歌声に、恋愛、家族愛などの人間ドラマの部分が少々まどろっこしく感じてしまう程でした(^^; クライマックスの決勝戦は鳥肌が立つくらい圧巻のステージで大興奮でした。 素晴らしい歌声を聴くだけでも観る価値がある映画だと思います。

  • ori********

    3.0

    ネタバレストーリーはありきたりなんですけどね。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/2 ページ中