2012年3月31日公開

ガチバン SUPERMAX

752012年3月31日公開
ガチバン SUPERMAX
3.6

/ 25

32%
32%
16%
4%
16%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

歌舞伎町を離れて、北関東の片田舎へとたどり着いた黒永勇人(窪田正孝)と先輩の義男(鈴之助)。そこで佐竹京平(遠藤雄弥)が率いる「飛羅睨悪」というツッパリ軍団と鉢合わせ、彼らはケンカ寸前の状態に陥ってしまう。だが、「飛羅睨悪」の初代ヘッドだった天野光圀(やべきょうすけ)が現われ、その場をうまく収めていく。天野にも対抗心をぶつける勇人だったが、30歳を過ぎてもストイックにツッパリを貫く彼の姿に親しみを感じるように。そんな中、佐竹の恋人みゆき(近野成美)がヤンキーたちに連れ去られる事態が発生する。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(3件)

かっこいい50.0%泣ける25.0%笑える25.0%

  • nyj********

    3.0

    まだまだ続くヤンキーの道

    窪田正孝がこんなに長いシリーズものをひっぱってるとは思っていなかった。ツッパリ学園ケンカ映画と思ってシリーズ1,2作は観たが数年たってもまだまだヤンキーのままで年をとっている。もう学生じゃないんだからヤンキーやめたら?と言いたく映画。

  • le_********

    4.0

    監督が替わって、新たな雰囲気が生まれた

    監督:権野元、脚本:イケタニマサオ、主演:窪田正孝、鈴之助、遠藤雄弥、2012年、75分。 単純明快で、けっこう好きなので、だいたい観ている。 このシリーズ始まって13弾。監督が元木隆史から変わった。 先輩後輩の二人のツッパリが、時と所を変えて、地元の不良グループとケンカをしたり、この二人も仲たがいしながらまた仲良くなって、他の場所に移っていく。中身が毎回違うのだが、基本は殴り合いや果し合いが圧巻となる。 すっとぼけた味わいをもちながら、間違った方向にはいかず、妙にどろどろしないのがいい。 この監督のことは知らないが、前作までより、よくなった。 観ていて、あれ…と思っていたら違う監督であった。監督が違うと、こんなにも違うのかと思う。観てる人にはわかると思う。 力点がケンカシーンにあるのは変わらないのだが、ハヤト(窪田正孝)の心の中を垣間見せるような演出や、カメラ撮り、編集でわかった。 時間も短く、見やすくていい。 窪田正孝に、さらにアクの強いキャラクターを演じさせたい。

  • ぽろこ

    5.0

    ガチバンではコレがお気に入りです

    元木隆史監督の作風が苦手な人は まずこれを強くおすすめする。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ガチバン SUPERMAX

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル