ここから本文です

国家の女リトルローズ (2010)

ROZYCZKA

監督
ヤン・キダヴァ・プロンスキ
  • みたいムービー 6
  • みたログ 54

3.52 / 評価:27件

好みが分かれる

  • per***** さん
  • 2014年2月7日 1時52分
  • 閲覧数 932
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

旧社会主義圏に対する政治的な側面の理解がないと、馴染みという面では分かりにくいかもしれない。
私もその理解に乏しい側の人間の一人だ。
であると自ずと注意は社会環境の推移というよりも人間関係の移り変わり、機微に向けられる。
その点においてはある種、恋愛物として楽しむことは充分に可能なのであるが、ラストの展開は個人的には好みではない。ロマンに対する憎悪が募るばかりだ。もちろんその心情は理解出来ないではない。が、それを差し引いても残るのはそれだ。

感情的にさせてくれたこの映画には賛辞を送りたい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ