2012年9月8日公開

莫逆家族 バクギャクファミーリア

PG121272012年9月8日公開
莫逆家族 バクギャクファミーリア
2.7

/ 187

16%
13%
23%
20%
28%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

関東一の暴走族のトップだった火野鉄(徳井義実)は、今では反抗期の息子・周平(林遣都)に見下される無惨な中年になっていた。ある日、ある暴行事件をきっかけにかつての仲間たちが集結。鉄の心の内側では現在を憂うとともに、昔の熱い思いがよみがえってくる。そんな中、暴行事件の裏に、暴走族時代のうらみを募らせてきた五十嵐(村上淳)の存在があることを知り……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(105件)

切ない16.6%悲しい12.7%かっこいい10.8%泣ける10.8%絶望的10.2%

  • trt********

    3.0

    最初、何がなんだか

    予告見て、面白そうだったんで見たけど、訳わからん。やたら登場人物が多くて皆んな同じカッコしてるし、何がなんやら。二回見て、やっと分かった。ところでコレ、内部抗争と復讐物なんですか?家族守り抜くとか言っていたけど、結局崩壊してしまったし。暴力ばかりで、普通あれだけやりぁ〜皆死にます。ところで、なんで、挿入歌、サルビアの花なの?

  • kir********

    4.0

    法治国家だもんね~でも!と、豪華キャスト

    レビュー以上には良い作品だと思いました。80年代を知る自分には、現状のコンプライアンスと行きすぎた正義の対峙の末、心のある熱意の衰退を危機と感じる時もしばしば。この作品は法を越えても自分で 正義を証明したい、という昔気質な気合いを感じました。この時代を知るかたは共感できると思います。正直、林遣都君サーチでしり、作品を購入するまで知りませんでしたが、遣都くん他、珍しくワイルドな徳井さんや豪華メンバーにびっくり。わずかの出番の鉄の父役に、えっ!作品最悪の五十嵐は○の親父。いやいや。埋もれていた作品を知れて良かったです。

  • ホーピー

    1.0

    中村達也が出ているとのことで見た

    前半の、昭和六十一年の鼻紙産業道路抗争のくだりが 10代と思われるヤンキーが皆おっさんで笑った 途中で見るのやめたので勘違いならごめんなさい

  • aia********

    1.0

    見るんじゃなかった

    原作ファンで、チュートリアルのファンでもありますが、酷すぎた。 あのボリュームを2時間にまとめるなんて無理だと分かっていたけど、暇すぎて見てしまって激しく後悔。 原作知らなきゃ全く意味わからないだろうし、知ってて見ても半端すぎるし… 原作も、俳優さん達も勿体ない。

  • cow********

    1.0

    稀に見る大失敗映画

    最初から最後まで話がよく分かんないまま散々ケンカのシーンを見せられた挙句、「はーい、感動するとこですよー」みたいなラストシーンにたどり着きました。なにこれ。 原作は漫画らしいですね。どうやらすごく長い話をギュウギュウに詰め込んでやっと1本の映画にしたんだろうということだけは分かりました。おかげで原作知らない者にはまっっっっったく内容が伝わらず、感情移入なんてこれっぽっちもできません。2時間では足りなかったんだろうけど、こんなダメ映画2時間も見せられちゃたまったもんじゃありません。 これ、原作が好きで見た人はガッカリしただろうなあ…。 あと、徳井さんかわいそう…。けっこう頑張って演技してたのに、こんなクソ映画で初主演じゃ次のお仕事来ないよね…。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


徳井義実火野鉄
林遣都火野周平
阿部サダヲ横田あつし
玉山鉄二川崎浩介
中村達也渡辺満
新井浩文緒方透
小林正寛後藤邦男
野中隆光甲斐一郎
伊藤明賢姫岡純
勝矢土門大作
山下リオ横田真琴
ちすん火野キリ
河井青葉横田ナオミ
大悟渡辺武
井浦新火野鉄新
大森南朋前田梅
北村一輝夏目裕二
村上淳五十嵐けん
倍賞美津子ドンばー

基本情報


タイトル
莫逆家族 バクギャクファミーリア

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日