ここから本文です

モバイルハウスのつくりかた (2011)

監督
本田孝義
  • みたいムービー 11
  • みたログ 12

3.50 / 評価:4件

ロマンチック

  • udooon_cinema さん
  • 2014年1月18日 11時16分
  • 閲覧数 312
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画や芸術の意味を考えるといろいろとあるんでしょうが、人の価値観を変えるというのもその一つだと思っています。
優秀な芸人は発する一言だけで1秒前の客の価値観、世界観をころっと変えてしまう(実際はそれにも気づかず笑い転げる)。

坂口恭平はとても魅力的。スター性があります。そして、謙虚。
船越ロビンソンとのシーンは実に映画的なのですが、坂口恭平の謙虚さが船越ロビンソンの優しさを引き出したように見えました。
とにかく船越ロビンソンが楽しそうで「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」のようにモバイルハウス制作が永遠に続けばいいのにと思いました。

最後のあらかじめ決められた恋人たちへの音楽がやさしくしめます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ