ここから本文です

マクダルのカンフーようちえん (2009)

MCDULL,KUNG FU KINDERGARTEN

監督
ブライアン・ツェー
  • みたいムービー 4
  • みたログ 7

3.50 / 評価:2件

パイナップルパン王子の方がよかったが

  • 映画のこづち さん
  • 2012年8月24日 8時41分
  • 閲覧数 235
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

パンダのホンポーくんの正体だとか、園長の過去や思い、マクダルが母親としばし別れる場面などには涙したが、内容的には起伏も感動も前作に比べるとやはり劣る。

『マクダル パイナップルパン王子』公開時、招待券をもらったのがこのアニメとの出合いだった。何も知らずに見て衝撃。子ブタのキャラたちのカワイイ話かと思ったら・・なんだこの世界は。流れる音楽は大人で、しかも哲学的で。難しいのであんまり(ほとんど?)把握していない。シチュエーションさえわからない部分が多くて友人と「あれはどういうことだったのか。あぁかこぅか」と終わったあと何度か話したのがなつかしい。でも すっかり忘れているので、残念なことに何がナゾで何をあぁだこぅだと解釈したのかも覚えていない。最後のヨー・ヨー・マの登場は印象的だが・・。

覚えていないのだけど、あのイメージ・感覚にハマッたのだ。知られざるマクダルの父、そして若き母の話。パイナップルパン王子、もう一度見たい・・。特にカメがかわいかったなぁ。
その後CATVで春田花花幼稚園が放送されているのを知り、あのマクダルだ、やったー!と録画して親子で何度も見た。あれから6年。ついに2回目の劇場版鑑賞ができる♪80分という上映時間は短いなぁと思ったが、いい意味で長かった。おそらく前作もそうだったのだろう。

まず18代前の先祖の発明家(愛称:マクデブ)が登場し、マクダルがカンフー修行に行くまでが長い。このアニメは好き嫌い分かれるだろうから、最初からイライラする方も続出と思われる。でも私は・・大きなスクリーンでマクダルを見られるだけで嬉しい。予告編にもある、牛のメイが大人になっているシーンはパイナップルパン王子を連想して切ない。でも結局、それらは何だったのだろう~なラストへ。

「香港版ドラえもん」だとか「香港版クレヨンしんしゃん」だとか勝手なことが書かれているけど、それぞれ全然ちゃうゎ!!と怒ってしまう。鈴木福くんや剛力彩芽ちゃんを声優にして話題をさらおうとしても、それにつられてヒットということはないのでは。私はキャストに関係なく、マクダルが好きなのだ。だから日本未公開のほかの劇場版もぜひ公開してほしい。それには今作のヒットがまず条件かな・・キビしそう。

内容的には星3ちょいなのだが、大好きなマクダルなのでキャラ点おまけ!
いとこのマクマグは、最後の幼稚園シーンでチラっと出ているぞ。私は幼稚園の先生の、あの冷めた感じも好きだ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ