ここから本文です

一遍上人 (2012)

監督
秋原北胤
  • みたいムービー 19
  • みたログ 10

3.00 / 評価:4件

そうか!

  • hesso さん
  • 2012年6月15日 21時25分
  • 役立ち度 11
    • 総合評価
    • ★★★★★

私にとっては良い映画でした。

宗教・哲学などに関わらず「生きること」に興味を持っていたので、たまたま地元の映画館で上映されるこの作品を楽しみにしていました。
しかし前日、この監督の他の作品のレビューを見て少し迷いました。1,800円払って観るなら、一遍の本を買ってじっくり読んだ方がいいのではないかと。ウド鈴木が一遍の世界を感じられるかも心配でした。(私も一遍についてはウィキペディアで読んだだけでしたが…)

観て良かった。
せっかく観るのだからどんな映画でも何かに気づいて自分にプラスにしてやろうとは思っていましたが、こんなに気づかせてもらった映画は初めてです。

「南無阿弥陀仏」という念仏は、風の音、波の音と同じなんだと。自分と自分を取り巻く宇宙、自然、(仏?)とを一体化させてくれるものとして。

そうか!音楽や踊りも同じなんだ。我を離れて何か大いなるものとひとつになれるから心地いいんだ。

我々が仏に救ってもらえるのを待つのではない。仏は我々がすでに救われていることに気づくのを待っているのだと。
自分なりの解釈では、自分自身が自然の一部であることに気づいたときに、今ここが浄土となるのだと。

ウドさんで良かったと思います。ウドさんのようなよく言えば純粋な心を持った人だからこそ、悟りを開かずとも子どもと同じすでに悟ったと同じ状態の人だからこそ、一遍さんにマッチしたのだと思います。

観客は15人ほどで、前の人は10分もたたないうちにイビキをかいて寝ていました。
エンドロールが終わって照明がついてもしばらく座っていて、何かを感じていたと思われる人もいます。

感じ方は人それぞれです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ