2012年7月14日公開

だれもがクジラを愛してる。

BIG MIRACLE

1072012年7月14日公開
だれもがクジラを愛してる。
3.4

/ 65

18%
26%
37%
12%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1988年、アダム(ジョン・クラシンスキー)はアメリカ合衆国最北の街、アラスカ州バローにテレビリポーターとして派遣されていた。ある日、彼は3頭のクジラの親子が氷の下に閉じ込められているのを発見。そのニュースをテレビ局へ送ったところ、アダムの元恋人で、国際環境NGOグリーンピースの活動家レイチェル(ドリュー・バリモア)から電話が入る。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(32件)

泣ける12.1%笑える12.1%楽しい12.1%切ない12.1%勇敢8.6%

  • fg9********

    3.0

    丁度良い頃加減の頭休め作品

     …あらすじは、解説のとおり。  アラスカの氷の海に閉じ込められた3頭の親子クジラを救出しようとする人々の奮闘を描く実話。  環境保護活動団体のドリュー・バリモアを中心に、地域の住民・石油会社・テレビ局・政治家、果ては大統領までがそれぞれの思惑を忍ばせながらも、最後は皆が一致団結してクジラを救う模様が描かれており、最後はアメリカとは冷戦状態にあったソ連の砕氷艦まで協力したのには驚いた。  ストーリー的にも演出的にも平凡の粋を脱してはいないが、フランス映画漬けの昨今の自分の脳味噌にとって、丁度良い頃加減の頭休め作品となった。

  • nyj********

    4.0

    命あるものを助ける米ソのクジラ救出ドラマ

    日本公開時のタイトルがダサい。コメデイの類と思って観始めたら「これは実話にもとずく映画である」ときた。そしてドリューバルモアが出てきた。またコメデイかと思ってたら真面目に演じている。彼女のさらりとしたイメージでクジラ救出作戦が始まった。でも意外と見入ってしまった。いろんな人達のいろんな思い、策略がちりばめられており実話と思うと面白いネタが満載であるからである。そして見事に救出作戦は成功する。まさに「BIG MIRACLE」である。邦題もこれでよかったのではないかと思う。

  • tsu********

    3.0

    自然だけでなく人への思いやりも欲しい

    自然保護という分かりやすい大義名分を持った実話ベースの映画であれば、すべてがいい映画になるわけでもなく、むしろ結末が決まってしまっている分、途中をどう見せるかということは、創作された娯楽作より難しいのかもしれません。 この映画については、特に後半部分のひきつけ方に工夫が足りず、いまひとつ魅力のない作品に映ってしまいました。 クジラ救出に向け、反対勢力があった前半は、その対立関係が見せ場になっていたのですが、皆が同じ方向に進み出してからは、対立する相手は時間と自然のみ。 そのあたりの見せ方が凡庸だったのが残念です。 それと、ドリュー・バリモア演じるヒロインの描かれ方もいまひとつ。 自然保護という大義名分の元なら何をしてもいいという感じで、自分勝手に突っ走っている感がどうにも好きになれませんでした。 自然に対する思いやりと同様、周囲の人間に対しても思いやりのある人物でないと、本来ならついていこうという気にはならないですよね。 この実話は実話として、映画そのものに対する魅力は、いまひとつ不足していたというのが正直な感想です。

  • oce********

    3.0

    誰もが?

    1988年10月に起きたアラスカでのクジラ救出作戦を基に作ったドラマ。 アラスカ州のバローで厚い氷に閉じ込められた3頭のクジラ。 環境保護に属するレイチェルはこの事態にマスコミを利用して、救出作戦を展開する。 この映画クジラよりもそれを利用した人間たちの思惑が出てくる。 つまり出世のためにという打算的な部分が前面に押し出される。 これにアメリカ大統領やロシア政府まで巻き込むのだから、逆に笑ってしまったほど。 氷の間からわずかに出ているクジラを、可愛いと呼ぶには無理があるし、優雅に泳いでるシーンもわずか。 クジラが好きだから見る映画とは違うと思う。

  • nam********

    3.0

    人によって感想がだいぶ違ってくるのかな?

    まずこの邦題、なんか押し付けがましいなと思ったのですが 見始めてしばらくするとすごく皮肉が利いている、面白い、 と感じました。 自分のエゴ(又は生活)のためなら鯨だって何だって愛しちゃうっていう 人達がぞろぞろ出てきますから。鯨の救出劇だって当然熱が入っちゃう よねってひねくれ者の自分なんかは苦笑しながら見ていたのですが、 他の方のレビューを拝見すると「あ、あれ、違うのかな?これは ストレートに感動する所なのか?もしかしてこの邦題も皮肉なんて こめられていないのか?」と・・・。 まあ、楽しめればどんな感想持とうと構わないと思いますが、 「鯨」ってだけで勝手な思い込みを持たずに鑑賞することを お勧めします。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
だれもがクジラを愛してる。

原題
BIG MIRACLE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日