チェンジ・アップ/オレはどっちで、アイツもどっち!?
3.6

/ 149

18%
38%
32%
8%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(25件)


  • chocomint

    3.0

    面白かったけど…

    このテの映画は、展開もラストも何となく予想できるけれど、会話の掛け合いやキャラの違いで全体の面白さに磨きがかかっていた。 ただ、冒頭からなかなかにエグい下ネタ全開なので母親と見ていたから途中で一人で見ることにした。笑 この映画は一人でお部屋でくすくす笑いながら見ることをおすすめします。

  • kei********

    4.0

    普通に面白いコメディ

    入れ替わり系の定番でしたが、王道の面白さで中々楽しめました。

  • jir********

    4.0

    意外と親日

    ハングオーバーの製作者たちによって作られた、男同士のブロマンスもの 自分たちはこの方向性で映画界で勝負するぜと いったものなのだが、悪くはなかった ただ、悪くはなかった、止まり 試行錯誤の跡が見えたのだが 最初の設定が、ハングオーバーのように 大化けするようなものではなかった ただ着実に面白く笑えるシーンもいくつかあった 男女間のエロティックなシーンがたくさんあるので家族で見るにはおすすめしない 買収する側の親玉が日本人だったりテレビにパワーパフガールが写ってたり、イルカ食べるネタが入ったり この監督は親日なんだと思う と、言うか日本が不思議な国だから面白いもの好きのコメディ監督ののセンサーに引っかかったのだと思う

  • ksk********

    3.0

    中年夫婦のラブコメ

    セルフレスに続いてライアン・レイノルズの肉体交換もの。内容はよくあるラブコメ。勤勉な一流弁護士と奔放な二流俳優が入れ替わる。仕事と家庭の両立に苦しむ妻子持ちには独身貴族が羨ましく思えるものだが実際は??? 赤ちゃんおむつを替える時に便が顔を直撃したり、奥さんがトイレのドアも閉めずに下痢というのはちょっとやりすぎでしょ(笑)。アメリカ映画の下ネタとしてはよくこもまで突っ込んだな。誇張はされているがイクメンの辛さが良く出ている。アメリカの夫は日本男子の何倍も辛そう。お決まりのハッピーエンドにてこれもストレスなく時間を潰せる作品でした。

  • サラ

    4.0

    ミッチはデップーのキャラで笑える

    友人2人の中身が入れ替わるお気楽コメディですが、家族の大切さも気づかせてくれるハートウォーミングな作品です。 ライアン演じるミッチは、ほぼデップーじゃない! トイレは絶対お風呂と別がいいな。

  • hok********

    4.0

    ネタバレハートフルコメディ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • wow********

    5.0

    ネタバレこうゆうのを長いこと待っていました

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sha********

    3.0

    中だるみあるけど

    まぁそこそこ見れたかな。。。 アメリカンなお下劣ネタと、ライアンレイノルズがみたければどうぞ

  • fg9********

    3.0

    満更捨てたものでもなかった

     …あらすじは、解説のとおり。  仕事熱心で家族思いの堅物男と、クスリと女に溺れるライトポルノ男優とが、連れションの最中にお互いの人格が入れ替わってしまうお話し。  冒頭からウンチねたは出て来るし、決してセクシーとは言えないオッパイブルルンはあるし、下ネタ満載のお下劣なシーンも多いが、入れ替わった人格に戸惑いながらも克服してゆく様子は、テンポも速くなかなか小気味良い。  結局は、タイトルの『オレはどっちで、アイツもどっち』が『オレはこっちで、アイツもあっち』に落ち着くことになるが、「自分の人生において、一度は来し方を振り返り、また、立ち止まって見つめ直すことも必要だ」ということがテーマになっていて、満更捨てたものでもなかった。  一見の価値はあり。

  • nev********

    4.0

    笑いの中に夫婦とは何かを痛切に問う名作

    今回は弁護士で3人の子持ちの父親と、面白おかしく気楽に暮らしている親友のシングル男という二人の中身が入れ替わってしまうという話し。 観る前にちょっとした先入観を抱いてしまうのは、いわゆるよくある「入れ替え物」ストーリーということ。日本でも母と娘が入れ替わったり、男子生徒と女性性とがある日中身が入れ替わってしまうという類で、目新しさが全くないように感じてしまうのが、本作に対する先入観なのである。そして「ハングオーバーの」とくるから下品なんだろうなという先入観も追加される。 なので2時間程度を笑って過ごせれば良いかと思って観始めたら、あれあれ?思ったほども笑えない。いや笑えるんだけど、何か全編を通してアイロニーを感じる。それは何と言うか自虐ネタとでもいうか、最初はそれで笑わせようとしてるのかな?と、何か少し肩すかしを食った気分にさせられるが、観ていて判った。あーこれってリアルな夫婦そのもののストーリーなのだ。リアルな夫婦は、結婚していないシングル男から観たらギャグそのものなのだ。ということが判ってきた。 シングル男が子持ちの友達に問う「妻も抱けない他の女も抱けないって何なの?」子持ち男は「それが結婚だ」と応える。この二人のギャップが笑いのツボなのではなくて、夫婦になるとこういうものだよね、が、独身男が観たら「ふぁ?」ということが沢山あるということがアイロニーになっている。だから笑いが笑いであって、とてもリアルなのである。 妻が今夜は抱いて欲しい気分だわ!とムード満点で現れてベッドに入る前にトイレに入ってブーブー派手な音で大をして布団に入ってくるのを、旦那に入れ替わった独身男は「きたねーな!うんこした尻を洗いもせずこっちに向けるな!」と言ってしまって妻がものすごく傷つくというシーンがある。翌朝朝食の用意をしながらひっそり泣いている妻の姿なんてもうリアル過ぎて切ないくらいなのである。そんな夫婦でもすれ違いながらも、慈しみ合い、尊敬し合い、家族というものを不安定ながら形成している。それはゲンナリするようなことじゃなくて、素晴らしいことなんだということを気付かせてくれるとても価値のある映画だと感心した。こういう映画は日本では映画館で上映されない。でも日本人もこういう映画を観て、自分の家族をもう一度見直すべきだと思う。本当にそう思う。

  • sat********

    4.0

    ネタバレいれかわっちゃった!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tra********

    2.0

    この二人が入れ替わる必要性を感じず

    まずミッチが西村和彦に見えてしょうがなかった(笑。モテモテのイケメン役・・・は無理がある。中身が変わってからも動きはライアンのまんまだし中身が入れ替わった様に感じられず。 ストーリーも始終下ネタなのでメリハリがなかった。デイヴも奥さんの事何もわかってなくて適当だし真面目さも感じなかったのでこの二人が入れ替わった所で何の新鮮さも感じられず。 下ネタで笑えるのって男性だけなんじゃないかな?ストーリーも安易だし笑いどころも少なかったですよ。

  • MOON

    4.0

    結構好きかも

    始まりがあまりにも下品で思いっきり引いてしまいましたけど、だんだんと慣れてきて、楽しくなってきました。 下ネタとかなんかすごいけど、そこはスルーして、内容は感動しました。 自分の今までの人生振り返ったり、「隣の芝は青かった」のに気づける話。 なんだかんだいっても「やっぱこんな自分でもいいやぁ~。」って。 でもいくつになっても向上心って大切なんですね・・・。 それにこんな幼なじみがいてホント羨ましくなった♪ こんなにも似ても似つかない2人なのに、長く付き合えるのってステキなことだと思う。

  • P

    5.0

    ふと立ち止まりたくなったら

    新年の幕開けには明るい映画を観たいな~と思いまして鑑賞。 誰しも周りの人の生活や人生が気になったり、 羨ましく思ったりするものです。 比べて自分の人生これで良かったのかなぁ…なんて悩んだり。 ちょっと仕事で落ち込んでいたり、家庭でギクシャクしたり、 何だかうまくいかないな…と思っている人には 是非観ていただきたい秀逸作です。 下ネタ&ブラックジョーク満載で しょっぱなから飛ばしまくりの大笑いコメディですが、 それ以上に軸のしっかりした王道ヒューマンドラマ要素に 筋は分かっていても(下品でも)ぐぐっと来てしまいます。 エンディングでは爽やかな感動~。。。 エンドロールの曲を聞いていると心地良い気分に浸れます。 この2人の組み合わせ。 本当にもう演技がウマすぎてツボすぎて そんな事は今までの出演作でも分かっちゃいたけど最高です。 デイブ→ミッチの体では 2度寝とか、のんびり本を読むとか、一人で水族館に行くとか 今まで出来なかった事を満喫し、 ミッチ→デイブの体では 初めて物事を最後までやり遂げようとチャレンジする。 そしてお互いの人生と本音を目の当たりにしていく。 そんな姿が実に微笑ましい。 NGシーンにもさらに笑わせてもらいました。 人生にふと立ち止まりたくなったら、はたまた 不満も無く順調すぎる人生を歩んでいると感じていたら、 ちょっとお時間いただけますかーとオススメしたい。 ライアン・レイノルズのコメディは 日本ではDVDスルーすら無いものが多くて残念ですが さすがの演技力には脱帽です。

  • sak********

    4.0

    男版 フォーチュン・クッキー

    好きですこの手のジャンル ダメ男のシモネタ満載でくだらない、なのに何故か感動するオバカコメディ!!! この手の映画は日本では観公開なのが多いのが残念ですね....

  • hit********

    3.0

    配役ミス・・・残念!

    ミッチ役がもっとイケメンでワイルド系の俳優だったらよかったのに・・・ミッチ役の俳優さんはイケメンでもないし優男風なので破天荒な言動が似合わない。 そのせいで品行方正でエリートなデイブとの比較が出なくて面白みに欠ける。 逆にデイブ役の俳優をもっと生活感溢れるオジサンっぽい外見の俳優がやればよかったのに中途半端なイケメンなのでそれもちょっと・・・。 コメディで下ネタ満載だし思い切り笑いたいときにはおススメ。

  • bla********

    5.0

    大爆笑でした

    いわゆる、心が入れ替わるというお馴染みの展開なのですが、 これが意外とはまってしまいました。 弁護士で、今回の仕事が成功したら共同経営者になれるデイヴと、 ポルノ映画に出演して、ハチャメチャの生活をしているミッチ。 ふたりは、幼馴染で親友なのですが、 実は、それぞれ自分の生活に不満を持っているのです。 デイヴは結婚して、娘ひとりと双子の赤ん坊がいますが、 奥さんと替わり交代に双子の赤ん坊の世話をしています。 ウンチの世話から着替えまで本当に大変。 しかも、仕事の帰りには買い物まであります。 一方、ミッチは幸せな結婚生活への憧れを持ちながらも、 奔放で自堕落な生活から抜け出せないままでした。 そんな二人が、酔っ払って、公園の女神像の噴水で、 お互いの人生を入れ替わりたいって叫びながら、 立ちションをしてしまいます。 お約束どおり、次の朝、目覚めると、 二人は、それぞれ入れ替わってしまったのです。 よくある入れ替わり映画と同じように、 どちらも相手の人生で四苦八苦していくわけですが、 変な捻りもないので、素直に大笑いできます。 特に、デイヴに入れ替わったミッチが可笑しい。 女好きのミッチが、 デイヴの奥さんと一夜をともに出来ると喜ぶのですが、 さてどうなることやら、 結構、ウンチネタが多いですが、僕は大爆笑でした。 ちにかく、二人の演技が、本当に見事です。 笑いっぱなしだけでなく、ちゃんとドラマもあります。 決して見て損はしないとコメディ映画だと思います。 ボーナストラックの没になった結末も笑えましたよ。

  • いやよセブン

    3.0

    入れ替わりモノ、かなりえげつない

    今回入れ替わるのは親友同士、一人は成績優秀で弁護士になりパートナー目前、結婚しているが子育てが大変。 もう一人は高校中退で、実はソフトポルノの男優。 こんな2人が女神の噴水に立小便し、入れ替わりたい、なんて言ったから、さぁ、大変。 下半身ネタが多く、汚くて下品なことこのうえない。 面白いが、見るときは周りに気をつけよう。

  • kzd********

    5.0

    ドタバタだけどハートフル~!

    観たい作品を借りに行ったはずが、まだ公開中の映画でした(笑) さてどうしよう…観たいものは沢山あるが、1本しか観る時間はない。。なるべく軽いのがいいなぁ…と、パッと頭に浮かんだのが、お気レビさんが先日レビューされていたコメディ、、オレとアイツが入れ替わるやつ!(笑)DVDスルーって書いてあったからきっと1本ね!と、、、、早速見つけ!!ラッキーなことに借りられました^^ まず最初にご注意を!お気軽コメディだからとポップコーン食べながらはちょっとマズイ!う~ん、できればドリンクもちょっと待った。私は暑いのでアイスクリーム食べながら見てしまいました(汗)序盤だけちょっとお待ちを。。 冒頭から、、赤ちゃんがベビーベッドに頭突きしてるシーンで、もう笑いのツボ間違いなしと思いました!入れ替わる二人のキャラが雲泥の差だからこそ面白いですね~ 二人の俳優さん、有名ではないけど何度も観てるお顔です。さて、いつどこで入れ替わるんだろ?と見ていたら、お~早速、あっさり入れ替わっちゃいました。そこからはもうノンストップの可笑しさですね^^なにしろ片方は優秀な弁護士、妻に双子の赤ちゃん持ち。もう一方はほんと何一つ成し遂げられていない、年に働くのは1週間という遊び人ですからね。入れ替わり後は笑いの連続。下ネタ多くてドタバタです!これはいつ見ても不快にはならないと思う。 後半、いや終盤かな、、思わずほろっとさせられちゃいました。入れ替わった相手の生活を経験したことで、お互いに気づかされたことがあるんですねぇ~^^ こういうちゃんと笑えるコメディで、後味よろしくシアワセ~な作品っていいですね♪ これは友だちにも薦めちゃうと思います!最近観たコメディでは一番笑ったかも^^ 劇場公開されず、ひっそりと片隅に置かれているDVD。 そんな中にも面白いものがあるんですよね。 これもお気レビさまのおかげで楽しめました。ありがとうございました^^

  • bar********

    5.0

    隠れた良作コメディ

    使い古されたネタで、ありがちと言えばありがちな入れ替わり方コメディではありましたが、これ・・・めちゃくちゃ面白かったです! 残念ながら日本では劇場未公開のソフトスルー作品となってしまいましたが、この出来なら劇場公開する価値は十分あったと思うけどなぁ。 しかも、邦題にこんな「オレはどっちで、アイツもどっち」なんてサブタイトルつけられたら、レンタルで借りる人やCS等でテレビ鑑賞する人もどのぐらいいるものだか・・・。 下ネタ満載で結構下品なシーンも多いだけに、これはおススメです!と声を大にしては言い難いところもありますが、入れ替わり方コメディとしては秀逸な出来だったと思いますので、どこかで本作を見かけることがあったなら、是非是非チェックしてみて欲しい作品ですね。 内容はもうベタ中のベタ。 脚本はあの「ハングオーバー」のコンビだったらしいですが、正直目新しさは皆無。 言わば王道を行く入れ替わり方コメディでしたので、話自体はまあ普通に面白い程度でした。 しかし、何と言っても入れ替わった2人の演技がもう・・・最高過ぎでしょ!! まずジェイソン・ベイトマンはコメディに関しては得意分野ですから、ある程度期待はしていましたが、それでも期待以上! それ以上に期待以上だったのがライアン・レイノルズ! 正直ライアンの演技はどの作品もそれなりに・・・ぐらいの印象でしたが、本作での演技は今までのライアンの中でもダントツ1位なぐらい素晴らしかった。 「あなたは私の婿になる」の頃はサンドラ・ブロックにおんぶに抱っこだった印象でしたが、どうやら一皮向けたようですね。 とにかく、ジェイソン・ベイトマンとライアン・レイノルズの入れ替わりっぷりの秀逸さには舌を巻きましたよ! そんなジェイソンが演じたデイヴはエリート街道を進んできた敏腕弁護士で、仕事に追われながらも奥さんと3人の子供をこよなく愛する良きマイホームパパでもありました。 一方ライアンが演じたミッチは、良く言えば独身貴族、悪く言えばプー太郎・・・ライトポルノ俳優として身銭を稼ぎつつ、マリファナを吸いながら女遊びをするような、堕落した生き方をしている男でした。 この幼馴染の2人は、お互いの人生をちょっとだけうらやましいと思っていたんですね・・・。 私も一度女遊びに明け暮れる人生を送ってみたいと思うことはありますので、イケメンになってミッチのような体験をしてみたいと思うデイヴの気持ちはよく分かりますし、仕事も家庭も完璧・・・しかも極上の美人妻がいるとなれば、そんな人生を送ってみたいと思うミッチの気持ちも痛いほどよく分かります。 そんなことを思いつつ、公園の泉の前で2人で立ちションしてたら、お互いが入れ替わっちゃった・・・とベタな展開に(笑) まあ戸惑いつつも、何だかんだで入れ替わった人生にそれぞれ馴染んで行く展開もこれまたベタ中のベタ。 ただし、ベタじゃなかったのは下ネタですかね。 ミッチの女遊びがあまりにもアブノーマル過ぎでしたので、あれじゃ確かにデイブも引くわな(苦笑) その後何やかんやありながらも、おあつらえ向きのラストを迎えるのはこれまたベタ中のベタ。 とは言え、ベタだからこそ物凄く心地良い良い気分になれちゃう映画でもあったんですよね、これが。 まあ結局、時には立ち止まって自分の人生を見つめ直すことも必要だと言うことなのでしょうな。 それから忘れちゃいけない、主演2人の好演だけでなくデイヴの奥さんを演じたレスリー・マン、ミッチの彼女を演じた私のお目当てオリヴィア・ワイルドと言った綺麗どころのセクシーシーンにも大満足でした! オリヴィア・ワイルドの色気はホントたまらんな~。 ところで、レスリー・マンって、あんな脱ぎキャラでしたっけ?

1 ページ/2 ページ中