レビュー一覧に戻る
トガニ 幼き瞳の告発
2012年8月4日公開

トガニ 幼き瞳の告発

SILENCED/DOGANI

R18+1252012年8月4日公開

per********

4.0

ネタバレ必殺仕事人に頼みたくなりました

この映画を観て2018年の医学部不正入試事件を思い出しました。複数の大学医学部が不当に女性や浪人生の点数を下げていたあの事件です。公正だと信じて応募した受験生の心情を想うと、やり切れない気持ちになったものです。 本作では、聴覚障害者学校の組織ぐるみの性犯罪を勇気をもって告発した教師イノが、やはり公正だと信じた警察や司法に裏切られます。 校長らは金の力で被害生徒の親と示談を成立させ、裁判では検事を買収して無罪となります。聴覚障害者の弱みにつけ込み、性と暴力の捌け口として少年ミンスを道具扱いする加害者。それに必死で耐えてきたミンスの心情を想うと、もう悔しくて悔しくて。ついにミンスは独力で復讐を果たすため加害者と列車に飛び込みます。 もはやイノには抗議集会を開くぐらいしか手段がなく、それさえも警察から法律違反の名目で妨害されます。本来、弱き者の味方であるはずの法律が、正義の仮面を被って弱き者を制裁するこの矛盾。放水に翻弄されながら、ひたすらミンスの名前を連呼するイノの姿に涙が出ました。 法律さえ味方につけた犯罪者に、一体どう対抗しろというのでしょうか。マジで必殺仕事人に仕置きしてもらいたくなりました。本作が実話ベースの作品と聞いてさらに怒りがこみ上げましたが、実際この映画が契機となって事件が再捜査され、加害者の実刑が確定したそうなので少し溜飲が下がりました。

閲覧数1,543