レビュー一覧に戻る
トガニ 幼き瞳の告発
2012年8月4日公開

トガニ 幼き瞳の告発

SILENCED/DOGANI

R18+1252012年8月4日公開

ken********

4.0

よくぞ映像化してくれたと思える作品

トガニ。韓国語で”うずまき”という意味らしい。 権力者は犯罪すらもお金や人脈を利用して丸めこむ事ができるという意味に とれてしまう内容だ。 とにかくエグい。 韓国映画は目を伏せたくなる内容のものが多いのだが この作品は実際に聴覚障害をもつ子供たちの施設で起こった 幼女暴行事件を題材にしている。 校長たちが幼女に下半身露出でレイプする 先生が男の子を裸にして体を洗うそして暴行 体罰で顔面を平手打ちする あまりのトラウマで車に轢かれてしまうなど とにかく冒頭から衝撃の連続。 作品の内容うんぬんよりも、よくここまでの内容を映像化できたなという そちらの方が気になってしまった。 監督さんはこの作品のために体重が5kg以上減り 半端ないストレスで気が狂いそうだったらしい。 演じる子供たちにもなるべく嫌な思いをさせたくないために 気を使い、演じるにあたって精神的に後遺症が残らないように スタッフみんなで遊んであげたりと、とにかくケアしつづけたとのこと。 そして、もっとも衝撃なのは この加害者の双子の学校校長、その部下、警備員と 誰一人も刑罰の対象にならなかったという裁判の結果で物語は終了する。 要するに狙われた子供たちの境遇がお金がない、親がいないなど 社会的弱者の弱みにつけこんで示談に持ち込んだり 障害者を世話しているという世間の評価を味方につけて うやむやにしてしまったのである。 最後まで見て胸が痛くてたまらなかった。 こんな事が許されていいのかと怒りが止まらなかった。 この作品は社会問題としてちゃんと向き合わなければならないと語りかけている。 ぜひ、人間として真っ当から見ていただきたい。 後日談として ほぼ無罪判決になったこの裁判から数年後 この作品がきっかけになり悪質な性的犯罪として再度立件。 加害者の校長たちに12年の懲役が決定したらしい。

閲覧数2,670