鳥を見て!
3.2

/ 6

33%
17%
17%
0%
33%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(3件)

不思議33.3%セクシー16.7%かわいい16.7%楽しい16.7%切ない16.7%

  • ken********

    4.0

    二人の街歩き楽しそう

    広澤草さんが実に魅力的だな。 七咲さんと二人での街歩きのシーンはなかなか好き。 映画は、二部構成のような感じでびっくりな映画ではありましたが、なかなかおもしろかったです。

  • kt2********

    3.0

    このぶっ飛び具合は何なんだ!

    全てに置いて、予想外。 とにかく、いろいろな意味でビックリさせられた映画でした。 まあ途中までは、予告編の内容から大体予想していた通りの展開で推移したのですがね・・・。 かおりと弦太の姉・咲子が親しくなってからは、一体どんな着地点に落ち着くのか全く読めなくなり、そして唐突なラストを迎え、エンドロール後には全く意味の分からない世界に誘われてしまうと・・・。 世界観が独特過ぎて、私の脳ではちょっと付いて行けなかったところも(^^; 主人公の肉食系女子・かおりが、本当の恋を知る話と思って見たら、確実に痛い目に合いますよね。 でも、シネコンで上映される大作系映画では絶対得られないこの感覚・・・ある意味貴重な体験だったとは思うので、見て損と言うことも無かったです。 ただ、不思議なカメラアングルやちょっとクドめの演出は、ちょっと冒険し過ぎだったのでは? まあエンドロール後の展開に比べたら、まだマシな方なのかもしれませんが。 それにしても、エンドロール後の展開には思いっ切り面喰らいましたね。 目が点になるとはこのことか。 あの娘がねぇ・・・なところもそうですが、ぶっ飛び過ぎた演出により、見事な置き去り感を味合わされてしまいました。 とりあえず、監督さんの冒険心だけは讃えたいと思います! まあ理解不能なところはさて置き、かおりに全く興味を示さなかった弦太が、マニアックな趣味(この男の場合は鳥マニアでしたが)が共通すると分かった途端、急に相手に親しみが湧く辺りの件は、何気に結構好きな展開でしたね。 男ってああ言う部分を持っていたりする生き物ですからね・・・。 逆に、そんなことして何が楽しいの?と言われたら、1000年の恋も冷めるってものですよ。 それから咲子の謎めいたキャラクターも、結構ツボでした。 底抜けに明るい訳ではないけど、言わばミステリアスな明るさとでも言うのでしょうか。 グイと行きそうで、そうでもないところが、何か切ないやらもどかしいやらで・・・。 主演の七咲楓花も勿論魅力的でしたが、私には咲子を演じた広澤草がそれ以上に魅力的に映りましたよ(^^

  • ymo********

    5.0

    こういう映画もあって、全然いいんだなぁ

    ”良く分かんない事がいっぱいある” 静咲子役で出演している広澤草さんは言っていますが、いっぱい所ではなく良く分かんない事だらけです。 個性的な作品を多く送り出している青春Hシリーズにおいてもこれほど意味がわからない作品はありません。 このテーマも意図も良く分からない作品のストーリーを説明することの意味があるのかはわかりませんが、物語は、”私は、SEXを楽しみたいの”と公言する合コン狂いの女子大生かおり(七咲楓花)は、”こんな所は、糞だ”と言い残し合コンを途中で抜け出した野鳥カメラマンである静弦太(片山享)が気になり、弦太のアルバイト先を尋ねるも”あんた、ストーカー”と相手にもされません。そんな折、偶然見かけた鳥の話をしたことから弦太とバードウォッチングに出かけることになるも事故に遭い、病院に見舞いに来た弦太の姉・咲子(広澤草)と親しくなるも・・・。 この様に言えば、この物語は、本当の愛を知らなかった女性が、運命の人と出会うことにより変わっていくというような女性の成長物語を描いている様に感じられますが、実際は脈略のない話が延々と続くだけです。 話の脈略のなさと同様にして、これも意図がよく分かりませんが非常に面白い映像を多用します。具体的には、天井や足下等の変わったアングルや光の取り入れ方または、やたらと遠くから出演者を撮すなどのカメラの使い方が面白く、それに加えて、敢えて背景の人物が不自然に動く様な編集や同じシーンを様々な角度や撮影手法により二度三度と繰り返してみせる手法などよくわからない監督の拘りが興味深いです。 ”初めて、恋を知りました” 突然、結ばれるかおりと弦太で幕引きかと思いきや「鳥を見て!!」「鳥を見て!!!」と続いていきます。ここまで来ると、わからなさも最高潮です。 ”こういう映画もあって、全然いいんだなぁ” 静弦太役の片山享さんの言葉ですが、誰にでもよく分かる映画が多いなかで分からない映画があってもよくて、そのわからなさが魅力となっている希有な作品です。二度三度と観てもわかるとは思えませんが、それでも、もう一度劇場で観たい作品です。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
鳥を見て!

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル