ここから本文です

その夜の侍 (2012)

監督
赤堀雅秋
  • みたいムービー 323
  • みたログ 1,385

3.06 / 評価:872件

仇討ちは誰にしたかったのか

  • ak0******** さん
  • 2016年10月13日 15時42分
  • 閲覧数 2172
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

赤堀さん監督とのことで見てみました。
中村さんはずっと、自分に仇討ちしたかったのだ。
木島は自分を殺してくれず、プリンを食べ続けても死なない。
ずっと自分を許せなかった、自分に刃を向けていた事が解り、だから「この物語に君(木島)はいなかった」なのだ。
木島は本当になんとなく生きているのだろう。
木島は酷い奴だけど、木島の側にいる奴も、木島の酷さに救われている人々なのだと思った。
木島自身には何もポリシーも、やりたい事も目的もない。
中村さんとの対決後もそのまま、その時の感情で生きていくのだろう。
誰かを死なせてしまった罪さえ認識できない、空っぽな人間、それが木島。
中村さんは本当の仇討ちは自分自身にしたかった事を知り、妻を亡くした事によってうけた自分自身の喪失が見えたのだろう。
全編通して暗い、良い人という人が出てこない映画なのに、何処か人の温もりを感じる映画だった。
中村さんもやっと奥様の葬いができ、日常を取り戻していくのだろうと、エンディングに仄かな希望を感じるのも不思議だった。
希望や温もりに、こんな表現もあるのだと、じんわりした衝撃を受けた映画でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 不思議
  • 不気味
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ