ここから本文です

その夜の侍 (2012)

監督
赤堀雅秋
  • みたいムービー 300
  • みたログ 1,308

3.08 / 評価:803件

備忘録的感想ですみません

  • nen***** さん
  • 2018年5月9日 20時26分
  • 閲覧数 1774
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

備忘録

鑑賞:dTV 2018-05-09

「心底憎む」ってしんどいと思う。
口に出して言える「憎しみ」は実はそれほどでもないのだと。
主人公の周りにはいい人ばかり。
見合いを勧めてくれる教師の義兄。
心から心配してくれる従業員。
「たわいない話をしましょう」と心を軽くしてくれるお見合い相手。

憎む相手はクズなので、見ているうちに達成させてやりたいと思う心も芽生えてくる。傍若無人で反省の色はない。毎日来る「脅迫状」。クズだけど、実は怖かったんだろうなあ。事故も救護せずに立ち去ってしまった所を見ると無知で小心者なのだ。やり場のない苛立ちで周りを傷つけて回る。慢性の過敏性大腸炎であることも読み取れた。でもなぜだ?彼の周りにも立ち去れない人たちばかりだ。どうやら放っておけない人物らしい。彼の周りにも多分いい人ばかりだ。

人間ってやっかいだ。

配役 ◎
覚悟を決め今生の別れのつもりの主人公が立ち去る公園のベンチのシーン。
野球のグローブを強引に手渡す。
涙が止まらないと下を向いて号泣している高橋努氏に涙を誘われた。

三日月の歌詞がせつなかった。

「志集」のおじさんの言葉も。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ