ここから本文です

遊星からの物体X ファーストコンタクト (2011)

THE THING

監督
マシーズ・ヴァン・ヘイニンゲン・Jr
  • みたいムービー 199
  • みたログ 1,212

3.37 / 評価:673件

1982版に劣らないが勝る点があるかは微妙

  • sol***** さん
  • 2021年1月22日 18時51分
  • 閲覧数 312
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

もう20年くらい前の視聴なので記憶はあやふやだが、雰囲気という点で巨大宇宙船を除けばほぼ旧版を踏襲しているような印象。

※あの巨大宇宙船は陰謀論における南極地下巨大UFO存在説がベースと思われるが、意外にこの映画からインスパイアされて陰謀説が生まれ流布されているのかも。

いわば南極版「そして誰もいなくなった」のようなものだが、ほぼトレースしているような作風なので旧版でゾゾゾと感じたおぞましさや恐怖感は全く感じることはなかった。これはリメイクに起こりがちな致し方ないことなのだろう。

ただ、あれほどの巨大宇宙船を製造できるほどの知的生命体があんな狂暴グロテスクな野獣というのはちょっと受け入れ困難な点。
もしかしたら、あのモンスターは宇宙船を製造した知的生命体とは無関係のサンプル生物という可能性もあるが、そこらへんは本編だけでは何とも言い難い。

※ある陰謀説によると南極に飛来した宇宙船はトラブルで不時着したものらしいが、生存していた宇宙人は何と人類の祖先だったようで、そのまま地球人になりきってしまい、その始祖はあるエリアに確かに生存しているらしい。まぁ何とでも言える話だけれど。笑

映画総評は可もなく不可もなく2.4の二つ星

上を書いた後に調べたら、本作は1982年版の前日談とのこと。なるほどね、そういえば旧版は犬の場面から始まっていたもんな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ