レビュー一覧に戻る
ムカデ人間2
2012年7月14日公開

ムカデ人間2

THE HUMAN CENTIPEDE II (FULL SEQUENCE)

R18+912012年7月14日公開

hik********

2.0

わーるい子も見ちゃだめぇぇ

なんと危険な映画なのか。 あまりにもショッキングな内容ゆえ、世界各国で上映禁止となり、規制が緩い日本ですら公開が見送られかけたほどの大問題作。 そもそも全編がモノクロで撮影されているという、今日からみれば、まずこれだけでも異様である。(カラー版も存在するらしいが) そしてこれまた異様な風貌の主人公が、手当たり次第に目につく人間を襲いまくるというあまりにも狂いまくった内容。 この主人公・マーティンという男がこれまた強烈で、精神病を患い、ただの一言も言葉を発すること無く日々を過ごし、唯一の楽しみといえばムカデに餌をやり、ムカデ人間のDVDを見るということ。 そのマーティン役のハーヴェイがこれまたこれまた強烈で、 小柄、薄毛、巨漢、でっぷり腹、無表情で一言も言葉を発しず、目をぎょろぎょろさせるという想像しただけで不気味すぎる風体の男。 正直いわせていただくと、あまりにも真に迫っていたので、最初は本物の精神病患者をキャスティングしてきたんじゃないかとすら疑った。(その疑いは次作で晴れたが)。 前作で嫌悪感を抱いた人は、もはや本作は見られないと思う。告白すると私は早送りしつつ鑑賞した。 こんな映画、誰が好き好んで見るのかと思いきや、公開当時は映画館が盛況したという。 さすがカルト映画。

閲覧数3,600