ここから本文です

さらば復讐の狼たちよ (2010)

譲子弾飛/LET THE BULLETS FLY

監督
チアン・ウェン
  • みたいムービー 24
  • みたログ 87

3.36 / 評価:47件

またしてもユンファにガッカリ・・・

  • shi***** さん
  • 2012年8月3日 16時20分
  • 閲覧数 464
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

まず、他の方も書かれてるように、
ハードボイルドタッチではなくコメディタッチの作品でした。

かといって、コメディに徹するわけでもないので、
なんか中途半端な印象しか残らず、
完全に消化不良で劇場を後にした。

劇場で隣に座ってた観客は、
要所要所でクスクスを笑っていたので、
見る人が見れば面白いんだろう。

シリアスとコメディの融合となると、
バリー・ウォン監督なんかは非常に上手くって、
笑うところで笑わせて、泣かせるところで泣かせてくれ、
同じ中途半端でも消化不良などならず、
逆に満足させられてしまったりするのだが、
本作は残念ながら私のツボにはハマらなかった。

ぶっちゃけ、ユンファが大好きなので見に行ったという感じなのだが、
最近のユンファはどうも期待してるものを与えてくれない。

前作『シャンハイ』の銃撃戦で、
『おおっ! これぞユンファだ!!』と思ったものの、
今回はまるでそういう見せ場はない。

テーマがテーマだけに、
1シーンぐらいファンサービスしてくれても良いものだと思う。
正直、ユンファファンとしては本作の監督は『解ってない』と言わざるをえない。

まぁ、主演も監督本人だし、
監督のプロモーションムービーと思えば、
ユンファのファンへのサービスなんぞ入れるわけもないか。
このガッカリ感って『大陸英雄伝』を見たときに近いものがある。

そんなわけで、ユンファのハードボイルド性を求める方には
本作はちょっと地雷作品だと思います。
ユンファスマイルが見たいってんなら、
また話は変わってくると思いますけど・・・。

さて、一体いつになったらユンファは満足させてくれるのか。
ハリウッドへ渡ってからというもの、
ハリウッドデビュー作である『リプレイスメント・キラー』以外で
満足した記憶が一つもない。

いい加減、ここらでガツンとやってくれないものだろうか・・・。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ