ここから本文です

あんてるさんの花 (2012)

監督
宝来忠昭
  • みたいムービー 5
  • みたログ 16

3.79 / 評価:14件

解説

吉祥寺の路地裏、ハモニカ横丁の居酒屋を舞台に、店主と常連客たちとの交流を描くヒューマン・ストーリー。花びらを触ると幻が見えるという不思議な花をめぐり、店に集まる人々に起こる心温まるエピソードをつづる。主演は、『踊る大捜査線』シリーズや『武士の家計簿』など、映画・ドラマでさまざまな役柄を演じる小木茂光。ほかに主人公の妻に『能登の花ヨメ』などの田中美里、常連客に徳山秀典、森廉などがふんする。昭和の趣きが残るハモニカ横丁や吉祥寺の街並みも印象的。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

吉祥寺のハモニカ横丁で居酒屋「あんてる」を経営している安藤照夫(小木茂光)は、コミュニティーラジオにゲストで呼ばれた際に、「忘れろ草」という花の存在を初めて知る。特殊な成分を含有している忘れろ花の花びらを触ると、その人にしか見えない幻が見えるという。偶然、花屋で忘れろ草を見つけたあんてるさん。早速店に持ち帰り、常連客がその花に触れると……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ