ここから本文です

カラスの親指 (2012)

監督
伊藤匡史
  • みたいムービー 431
  • みたログ 2,617

3.81 / 評価:1,819件

道尾さんの言葉

  • sas***** さん
  • 2012年10月31日 12時40分
  • 閲覧数 1771
  • 役立ち度 47
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画を見た道尾さんが真っ先につぶやいていた、「贔屓目ぬきにして、これは映画としてかなりクォリティが高い作品」という言葉を聞いて、自分の原作の事を二の次にしていてカッコいいなと思っていましたが、実際見てみてさらに道尾さんが言いたかった事がわかった気がします。
確かに中身は半分ぐらいになってしまっていて、「あそこが楽しいのに」と残念な所もあるのですが、なんと言っても大切な所が壊れていないです。原作が好きな人間としては勝手な事を言いたくなりますが、これだけ複雑な原作をまとめているだけでも、たぶん凄い事なんだと思います。
そして映画化で変更を加えている所がやはり多くあるのですが、それがまた魅力的で、映画的?というか、「なるほどこれが映画らしいやり方なんだ」というのは私でも理解出来ました。ああ、道尾さんが言っているのはこのシーンの事かな?とか。私もそこで、まんまと泣かされてしまいましたし‥‥。
今月のテレビ雑誌に載っていた道尾さんのインタビューも、とても興味深いです。能年玲奈さんの記事もありました。でも買っておいて、映画を見てから読んだ方がいいかも。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ