ここから本文です

リヴィッド (2011)

LIVIDE

監督
ジュリアン・モーリー
アレクサンドル・バスティロ
  • みたいムービー 27
  • みたログ 70

2.95 / 評価:39件

考えるな感じるんだ!系の幻想ホラー

  • rokunomiya_no_himegimi さん
  • 2013年2月9日 23時50分
  • 閲覧数 719
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

印象に残ったのは影の使い方。
懐中電灯に照らされた階段の手すりの影がゆっくりと動くところ。
魔女の実験部屋みたいな密室の幻燈(?)の影が回転するところ。
何者かの大きな影が階段下からゆっくり上がってくるところ。

美しかったのは、森と青ざめた空を背景に、草むらで浮かび上がる少女。
わけわからんけど幻想的。

怖かったのは、小動物の剥製が円卓を囲むおままごと食事会。
あいつらが一斉にこっちを向いたら、私なら気絶するね。
人形少女のギクシャクした動きも不気味だった。

グロかったのは何といっても最後のとどめのアレ。
ちょ;
耽美なくらいの幻想ホラーだったのに、やっぱりゴア描写ははずせないんかい;;

残念だったのは、白いヴェールのお嬢さんたち。
君ら、バレエやってたんじゃないの?
殴る蹴る滅多打ちにする突き刺す引きちぎる噛み千切るって…。
血みどろにするのはいいんですよ。
でも、もちょっと優雅に。
踊りながら剣舞のように美しく殺してくれると嬉しいです。
最初の登場シーンは「おお! いいね! 新しい殺戮だ!」と思ったのにorz
それで、あのいっぱいいたお嬢さんたちはどうなったんだ?

フランスとは感性が合わんと思ったのは、吸血鬼の描写。
あの連中、一応は吸血鬼だよね?
黒魔術で生み出された怪物とか、マッドサイエンティストが作った殺人人形とかじゃないよね?
老婦人といい、その娘といい、教え子といい、何がどうなってああなったのか全く説明なかったけど、吸血鬼でいいんだよね?(自信ないわー。意味不明すぎて)
欧米のホラーでよくあるけど、ゾンビも吸血鬼もいっしょくたな化け物描写。
醜く顔を歪めて、くわっと歯をむき出して、肉を引きちぎるって食人鬼かい。
吸血鬼の誇りはあるんかい。
吸血鬼なら、エロティックにエレガントにお食事してくれませんかね。

意味不明だったのは…全部。
途中で「この映画につっこんではいけない」と気づいた。
後半は、とりとめのない悪夢を見せられているのだと思って観るべきだ。
正直、ストーリーを追うのは放棄してた。
ラストもどうでもいい。ストーリーの感想はなし。








最後にすっごく気になったこと。
あの屋敷女がいる!
まさか、リュシーってあのときの子(笑)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不思議
  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ